AD SPACE

2015-01-12

外にいても、室内の発砲を直ちに検出できるシステム。

戦争と平和

BBC Newsは、米国の会社が、発砲を建物などで直ちに検出し、警察に知らせるシステムを開発したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

学校、会社、および政府建物での使用のためにデザインされたガーディアンシステム(Guardian system/Guardian | Shooter Detection Systems/Guardian Indoor Shooter Detection System)は、位置にわたって取り付けられた目立たない白いボックスのネットワークに依存している。

個々のボックスは、銃口フラッシュを検出するために発砲および他の騒々しいノイズと赤外線のカメラを区別するためにデザインされたマイクロフォンを含んでいる。

もしシステムが作動するならば、システムは、1秒未満で、救急サービスの応答時間を潜在的に減らして、建物と緊急事態人員に警報を出す。

このようなシステムはマイクロ化し、ダスト・チップに搭載し、壁などに吹き付けることで、詳細な位置情報などを常時監視すべきである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.