2015年01月12日

米国芸能界は、北朝鮮お笑いブーム。金正恩の妹?

政治犯罪と裁判人物

米国の雑誌「TIME」は、ゴールデン・グローブ(Golden Globes)のホストをつとめるティナ・フェイ(Tina Fey)とエイミー・フェーラー(Amy Poehle)が、マーガレット・チョー(Margaret Cho)を紹介すると、そこには北朝鮮あざけり映画「Interview」の主役金正恩(Kim Jong Un)の妹のような北朝鮮の女性兵士が登場した。

映画「Interview」はしらけたが、これは凄い!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ティナ・フェイとエイミー・フェーラーは、よいものまたは主としてより悪さのためとして、それらの司会仕事midshowをマーガレット・チョーに渡した。

すると、エンターテインメントの荷は勝者に降りかかった。

タンバー(Tambor)は喜ばしいけれども驚くに当たらないスターであった。また、ジーナ・ロドリゲス(Gina Rodriguez)であったので、ジェーン(Jane)の彼女の役割のためにヴァージン(Virgin)を勝ち取り、1つの式典ごとに1人の新しいTVスターを塗布することで、グローブの命令を果たしたと報告した。

今や映画「Interview」のおかげで、北朝鮮はお笑いブーム。

ワシントンポスト(Washington Post)は2015年01月12日に、マーガレット・チョーは、北朝鮮行為で、コメディまたは正しい人種差別主義者を噛んだか?と報告した。

不可思議になったニュース・サイクルのポイントに公式に到着した。

日曜日の夜のゴールデン・グローブでハリウッドは、「Je Suis Charlie,」にあり、興奮状態で自由スピーチを愛した。
ティナ・フェイとエイミー・フェーラーは、事実、その議論 にもかかわらず、う北朝鮮風刺しているコメディ映画「Interview」を防御する権利を見たい誰とも宣言しなかった。

それから、コメディアンのマーガレット・チョーがいた。

韓系米国人であるチョーは、フェイの「30 Rock」で彼女が、前の金正日(Kim Jong Il)総書記彼の息子、現在の最高位リーダー金正恩として果たした役割と報復を表す衣装で着飾られた賞ショーに出現した。

それはまるで、北朝鮮がハリウッドに攻めてきたようであった。

チョーが、ハリウッド外国人記者協会(Hollywood Foreign Press Association)の新しいメンバーに、北朝鮮の軍隊の将軍として、チョー・ヤン(Cho Yung)という名で映画雑誌「Movies Wow!」の貢献者として、紹介された。

それは聴衆において少ない騒動を起こしたと報告している。

ハリウッドは、何でも、金になればありである。

それは、一種のチャップリンの独裁者のようであった。

韓国には、新しいエンターテイナーが育っている!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告