AD SPACE

2015-01-12

ナイジェリアで少女の自爆相次ぐが、ボコ・ハラムの強制か!?

戦争と平和宗教性とメディア

AFPとCNNは2015年01月12日に、ナイジェリア北東部ボルノ(Borno)州のマイドゥグリ(Maiduguri)で2015年01月10日に、10歳前後とみられる少女が自爆し、19人が死亡する事件が起きた。
続いて2015年01月11日に、ヨベ(Yobe)州のポティスクム(Potiskum)で、人々で賑わう市場で15歳の少女と女が自爆し、4人が死亡した。

ポティスクムは過去にイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」による攻撃を頻繁に受けている。
2015年01月10日には、警察署前で車が爆発し運転手と警察官1人が死亡する事件も発生していた。

[AD] You can advertise on this site.

専門家らによると、比較的年齢が上の女性は、ボコ・ハラムの過激思想への共感や、政府軍に殺された夫や息子の復讐といった動機から、自ら自爆を願い出る場合がある。一方、10日や11日の事件のように若い女性や少女が自爆する場合は、強制されて行った可能性が高いと言っている。

10歳の少女が自爆したマイドゥグリの事件を目撃した自警団員は、「少女は自分の体に巻き付けられたものが何なのかを知らなかったと思う」と語った。また爆弾は遠隔操作されていたとの証言もあり、ナイジェリア北部で多発している一連の自爆攻撃での目撃証言と一致する。

ポティスクムでの自爆現場で救護活動にあたった治安担当者は、「2人目の犯人は(最初の)爆発を見て恐れをなし、道路を横断して逃げ出したが、彼女もまた爆発した」と語った。

ボコ・ハラムは今月上旬、ボルノ州の町バガ(Baga)や周辺の少なくとも16町村を襲撃した。具体的な死者数は明らかになっていないものの、6年に及ぶボコ・ハラムの武装蜂起の中でも最悪の被害がでたとみられている。政府軍はこうした事態を受け、ボコ・ハラムとの戦いにおける支援を世界各国に呼びかけた。

ナイジェリアは来月に選挙を控えていることから、世俗主義をとる現政権の信頼性失墜を狙うボコ・ハラムによる攻撃はさらに続くと、治安問題の専門家らは予測していると報告した。

さらにBBC Newsは2015年01月12日に、フランスは、17人の人々を殺したパリの必殺の銃撃の後に、まだショックにある。
しかし、ことによるとボコ・ハラムにより虐殺された人々は数千人という数百のリポートを持つ最近の日に、別の衝撃的な死亡者数があったと報告している。

パリ死はナイジェリアのそれらより多いプレスを得たと、メディアアナリストのイーサンズッカーマン(Ethan Zuckerman)は言った。

ナイジェリア大統領グッドラック・ジョナサン(Nigerian President Goodluck Jonathan)が、フランス人に同情を表現したけれども、Bagaについての何も言わなかった。

ボコ・ハラムと戦うグループのスポークスマンであるムハマド・アバ・ガバ(Muhammad Abba Gava)は、彼らが、すべての遺体をカウントしようとすることに見切りをつけると言った。
「誰も、死体および今ごろ死んでいるかもしれない重傷を負った人にさえ注意することができなかった。」と、彼は付け加えた。

テロ報道にも人種差別はある。

AFPは2014年12月25日に、ナイジェリアで爆発物を体に巻き付けた状態で拘束された14歳の少女が2014年12月24日
に、警察当局の開いた記者会見で、両親に自爆攻撃を志願させられたと告白したと報告した。
ザハラウ・ババンギダ(Zahra'u Babangida)は2014年12月10日、北部の最大都市カノ(Kano)の市場で2件の自爆攻撃が起きた後、カノ郊外の病院で身柄を拘束された。この自爆攻撃では10人が死亡した。

警察の指示で記者団の前に姿を現したババンギダは、イスラム武装集団に自爆攻撃への参加を強いられた経緯を語った。

バガ(Baga)のGoogle Earthポインター情報
13°07'07.7"N 13°51'23.7"E
または、
13.118806, 13.856583

2015-01-04---Boko Haramは、ナイジェリア町Bagaで軍隊基地を確保。
2015-01-02---『鉄拳 7』新しい最初のキャラクターは、アラビアの闘士シャヒーン。
2014-11-28---ナイジェリアのモスクを銃と爆弾攻撃、100人以上が死亡。
2014-10-27---Boko Haramは、開放すると言った少女を戦闘の盾にしている?
2014-10-17---ナイジェリアのBoko Haramは、「停戦に合意し、少女開放」に同意。
2014-10-02---Boko Haramのリーダーは、俺は生きているとビデオで登場。
2014-09-09---ナイジェリアのBoko Haramは、元大統領オバサンジョの息子を撃った。
2014-09-07---聖職者アブ・カタダは、イスラム国家による米国レポーター殺害を非難。
2014-09-04---「インドのアル・カイダ」のビデオの後、警戒上のインド!
2014-08-28---イスラム国家は、シリア軍の「多数の兵士」を処刑。
2014-08-27---シリアの斬首の写真は、Facebook再考の要請に拍車をかけた。
2014-08-20---Twitterは、ジェームズ・フォーリーの死の画像を削除。
2014-08-21---ユダヤの追放者The diasporaは、イスラム国家を支援していることになった。
2014-08-19---国連、北イラクで新しい援助を開始。
2014-08-17---クルド軍が、キーになっている「モスル・ダム」を奪還。
2014-08-15---BBCのチームは、RAFのイラク偵察任務に搭乗した。
2014-08-15---トルコのクルド人の女性は独立から、ソーシャル国家に向かった。
2014-08-13---イラクの反政府運動組織は、どのようにダムを利用するか。
2014-08-11---レジェプ・タイップ・エルドアンは、大統領をトルコのための新時代と歓迎。
2014-08-11---イラクのノウリ・マリキ首相のステータスに関する混乱。
2014-08-10---米国は、闘士の新しい空襲の第3回戦を実行。
2014-08-10---CNNのビデオ、イスラムか?死か?
2014-08-10---トルコの大統領選、投票は大接近。
2014-08-08---米国のイラク空爆は、現代版のモーゼの「十戒の戦い」ともいえる。
2014-08-08---米国は空襲を、イラクでISIS闘士に対して開始した。
2014-08-08---戦争と、ウォールストリートの株価。
2014-08-01---ガザ停戦発効からわずか数時間で終了!南部で27人死亡!
2014-08-01---ジョン・ケリー、「解決を見つける機会」は数時間で崩壊。
2014-08-01---中央アフリカ共和国の危機;敗残者の大統領?
2014-07-31---ガザは、米国-イスラエルの新しい段階に入った「特別な関係」をテスト中。
2014-07-31---イスラエルは、まだ殺し続け、米国は弾薬供与し続ける。
2014-07-31---ガザは、米国-イスラエルの新しい段階に入った「特別な関係」をテスト中。
2014-07-29---今の民間機が飛ぶ航路は、本当に安全か?
2014-07-29---ガザ危機。3週間で1,200人以上が死んだ。
2014-07-28---同時多発テロから13年間の戦争の後、米国は全く安全ではない。
2014-07-27---フランシス法王が、ガザの休戦を嘆願。
2014-07-26---ガザの死亡者数1週間で、1,000人を越えた。
2014-07-25---殺された母親から救われたガザ・ベービー。
2014-07-24---子どもは、パレスチナのガザで恐ろしい代償を払っている。
2014-07-22---米国とヨーロッパの航空会社はイスラエル・フライトを保留。
2014-07-20---トルコのエルドアン首相、ヒトラーに例え、イスラエルを痛烈批判。
2014-07-17---なぜ?ヒトラー・ハッシュタグ急上昇したか?!
2014-07-06---パレスチナの少年殺人で、6人が逮捕された。
2014-07-04---イスラエルの襲撃が止まる場合、ハマスの「ガザ停戦の準備ができている。」
2014-06-30---誘拐されたイスラエルの3人にティンエイジャーは、遺体で見つかった。
2014-06-30---アンチ・ハマス・ローリーポップはウエストバンクで撒かれた。
2014-06-29---ナイジェリア北部の複数の村がBoko Haramに襲われた。
2014-06-19---世界中のジハド戦士グループ。
2014-05-26---ナイジェリアの軍隊はBoko Haramがどこで少女を抱えているか知っている。
2014-05-17---Boko Haramが、中国人労働者を攻撃。
2014-05-16---イギリスの犠牲者の母親は、Boko Haramとの「対話」を無言で要請。
2014-05-14---ナイジェリアの村自警団員は「Boko Haram攻撃を撃退。」
2014-05-12---集団拉致された少女たちらしい映像をイスラム過激派が公開。
2014-05-10---ミッシェル・オバマは「憤慨!」
2014-05-09---世界中がBoko Haramで大騒ぎだが、その影で怒った不思議!
2014-05-09---ナイジェリアの誘拐で、自称の正義の味方米国が専門家チームを送った。
2014-05-09---誤伝!この子はナイジェリアではなく、誘拐もされていなかった!
2014-05-09---世界中がBoko Haramで大騒ぎだが、その影で怒った不思議!
2014-05-08---真実の男は、少女を買わない!私たちの少女を返してくれ!
2014-05-07---ナイジェリア警察は、少女誘拐犯を賞金首に指定!
2014-05-06---ナイジェリアで、さらに8人の少女が誘拐された。
2014-05-05---イスラム教徒武装組織は、ナイジェリアの少女誘拐は、売るためだったと言った。
2014-05-02---アフリカに関する世界経済フォーラムが開催されるナイジェリアで、自動車爆弾テロが発生。
2014-05-01---ナイジェリアで誘拐された230人の女子生徒のその後。
2014-04-28---国連の予算管理は、でたらめ!監視しないで何US$10億も使っていた!
2014-04-14---ナイジェリアで、バス停爆発71人死亡。
2013-10-04---アムネスティは、ナイジェリアの学校殺害を非難。
2013-05-30---イスラム急進主義教徒は、アフリカで、次のアフガンを構築中。
2013-01-23---サハラ砂漠を歩き回るイスラム教徒闘士の増加。
2012-07-17---麻薬と武器貿易は、アフリカの不安に燃料を供給!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE