2015年01月08日

性教育とポルノの違いが分からないウガンダ当局。

性とメディア

AFPは2015年01月09日に、ウガンダの警察当局は2015年01月08日に、ポルノ映画の制作に関与したとして、性教育家の女性ら2人を逮捕したと発表した。
ウガンダでは昨年2月に反ポルノ法が成立し、取り締まりが強化されていると報告している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ところが、2015年01月08日の摘発で逮捕されたのは、「アンティ(auntie/おばさん)」の愛称で親しまれている性教育家のマリアム・ンディバサ(Mariam Ndibasa)と同僚の男性であった。

2014年2月に可決・成立した反ポルノ法では、ポルノの制作・売買・公開をめぐって有罪となった場合、最長10年の禁錮刑と最大1000万ウガンダ・シリング(約42万円)の罰金が科せられる。

ウガンダの民間紙デーリーモニター(Daily Monitor)によると、捜査当局と倫理・品位省は昨年11月から合同で、ポルノ売買に関与した人物の摘発に力を入れている。

11月にはミュージシャンで、28歳のディディ・ムチュワ・ムギシャ(Didi Muchwa Mugisha)が、女性歌手が下着姿で歌うミュージックビデオをめぐって反ポルノ法違反に問われた。ムギシャはポルノを制作・販売した罪を認め、20万ウガンダ・シリング(約9000円)の罰金刑を受けている。一方、20歳の女性歌手ジャミマー・カンシメ(Jemimah Kansiime)は無罪を主張し、裁判で戦う方針であると報告している。

何をポルノと言い。何を性教育というかと言うかは、誰が判断するかという問題も含まれる。

有罪になったビデオは、音楽ダンス・ビデオだと思うが---

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告