on-the-time.jp

2014年12月18日

アジア太平洋地域は、NFC支払いを先導している。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ストラテジー・アナリティックス(Strategy Analytics)からの情報として、アジア太平洋地域は2020年にNFC-ベースのスマートフォンを経た支出の中で最も大きいシェアを獲得すると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

領域は北アメリカで31%と西ヨーロッパの21%の前にあると、研究調査は言った。

電話を経た全体のNFC使いは10年後の終わりまでにUS$1300億に達すると予測している。
それは、2億5400万人のモバイルのユーザーが1月あたり平均5回の支払いをすると予測する。
1回のトランザクションあたり平均US$8.8で費やす 。

興味深く、研究会社のポジティブな展望にもかかわらず、NFC-ベースの支払いにより,2020年までにグローバルな小売りセクタの単一の数字だけがまだ説明されている。

モバイル支払い成長の後ろの推進力は、消費者興味で、NFC使用を可能にされたターミナルと成長合図を動かすために、支払いネットワークはApple Payの押しから、アメリカンエキスプレス(American Express)、ビザ(Visa)、マスターカード(MasterCard)によって来ると言っている。

つまり、ストラテジー・アナリティックスは、2020年までクレジットカードが中心と考えているようである。
しかし、モバイルペンイメント、段階は何とかクレジットカードは存続するが、モバイル・バンキング、モバイル・マネーと進化すると、クレジットカードの弱点は、どんどん押されることだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告