gaYa広告

2015年01月02日

フランスの極右政党副党首に、下剤!

政治性とメディア

AFPは2015年01月02日に、フランスの極右政党FN(National Front/国民戦線)のルイ・アリオ(Louis Aliot)副党首の飲み物に下剤を入れた若い党員2人が、党から除名処分を下されていたことが2015年01月02日までに明らかになったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この騒動は数か月前、FNのマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首のパートナーでもあるアリオ副党首が、同党のボルドー(Bordeaux)支部を訪れた際に起きたと、地元日刊紙スッドウエスト(Sud Ouest)が報じたという。

FNのニコラ・ベイ(Nicolas Bay)副幹事長はAFPの取材に、報道内容を認め、会議を妨害するために党員3人がアリオのワイングラスに下剤を入れたと述べた。

また、スッドウエスト紙によれば、3人はアリオが記者会見を行う予定だった部屋の電球も取り外していたと伝えている。

3人は党の紛争解決委員会にかけられ、2人が除名、残る1人は1年間の党員資格停止処分を言い渡された。

国民戦線は2014年の統一地方選と上院選で歴史的な勝利を収め、欧州議会選挙でも同国最多議席を獲得した。
世論調査では、2017年に予定されている大統領選挙が仮に今すぐ実施されたと仮定すると、FNのマリーヌ・ルペン党首が第1回投票で首位に立つとの結果が出ている。

あの右翼の女性は、面白い!

フランスに政治家の場合、男女のパートナーは、性的にもつながっていることが多い。

いかにもフランスである。
また、金のためにセックスは、当たり前である。

フランスの映画監督クロード・シャブロルは、映画批評を書き始め、活躍したが、その後、妻の祖母の巨額の遺産を相続して製作会社AJYMフィルムを設立し、監督に転向して、即興演出やロケ中心の撮影など斬新な手法を採り入れ、ヌーベルバーグの初期を担った。

私は昔、美味しそうなティーバックがあり、購入して飲んだら、とたんにトイレに駆け込むことになり、よく読んだら下剤ティだったことがあった。
西洋には薬草学で多くのお茶が売っているので、買うときは注意が必要と痛感した。
それ以来、中世の薬草学の本は座右の書になった。

2014-10-17---パリの「大人のおもちゃ」彫刻は嵐になった。
2014-09-04---元「ファーストレディー」、仏大統領暴露回顧録を出版。
2014-01-17---セックスとフランス人。
2013-07-02---フランスの極右政治家マリン・ルペンは、MEPとしての免疫を失った。
2013-06-01---フランスの極右リーダーは、免疫を失い、容疑を科された。
2013-05-21---ノートルダム850周年に、大聖堂内で自殺!?
2012-08-01---マドンナのワルシャワ・ショーをポーランド人グループが攻撃!
2012-07-14---フランスの国民戦線、Le Penの卍でマドンナを起訴!
2012-04-22---フランスの大統領選、極右は急上昇!
2012-03-26---サルコジ大統領、攻撃的な説教者の入国を禁止。
2012-03-07---フランスにはあまりにも多くの外国人が居過ぎる!?
2011-09-16---パリは、イスラム教徒が路上で祈ることを禁止した。
2010-09-12---フランスの映画監督クロード・シャブロルが死去した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告