gaYa広告

2014年12月29日

JFKやダイアナ元妃の「死のにおい」を再現。

美容と医学の科学

AFPは、世界的な著名人たちの最期の瞬間を、においと音で再現する試みが、オランダの科学者チームによって行われていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy)米国大統領の血のにおいに混ざり合った、ジャクリーン(Jacqueline Kennedy)夫人の甘い香水の香り。
米国ビバリーヒルズ(Beverly Hills)のホテルのバスタブで、薬物を摂取した状態だった米歌手ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)さんが迎えた最期の瞬間。
オランダのブレダ(Breda)にあるアバンス応用科学大学(Avans University of Applied Sciences)の科学者チームは、やや不気味ではあるが、他では見られないこうした歴史的な一場面を、訪問者は体験することができるとしている。

アバンス応用科学大学のコミュニケーション・マルチメディアデザイン学部のフレデリク・ドゥエリンク(Frederik Duerinck)は、「私たちは皆、JFKの暗殺場面は見たことがある。しかし、どんなにおいがしたのだろうか?」との問いを投げかける。

その答えを知りたいと思う恐ろしいもの好きの訪問者らは、死体安置所にあるものと同じ銀色の金属製の箱の中に横たわるよう案内される。
全部で4つ用意されているこれらの箱の内部は真っ暗で、加圧されたにおい入りボトルとパイプでつながっている。サウンドトラックが流れ、異なるにおいが順番に箱の内部に放出されて、ある特定の人の「最期の瞬間」が再現されるようになっている。

見学者らは、その死が世界中の人々の記憶に刻まれている4人、ケネディ米国大統領(1963年死去)、イギリスのダイアナ元妃(Princess Diana)(1997年)、リビアのムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐(2011年)、米国歌手ホイットニー・ヒューストンさん(2012年)が死去した際に周りにあったと考えられているにおいや音を、約5分間にわたり追体験することができると言っている。

2012-10-20---カダフィ大佐が捕獲され、殺されてから1年。
2012-04-05---ホテル・バスルームで「白い粉状の麻薬」が発見された!
2012-03-22---ホイットニー・ヒューストンの死因、コカイン使用後の溺死!
2012-02-11---米国の歌手で女優のホイットニー・ヒューストンが死去した。
2011-10-25---カダフィーの遺体は、秘密裏に砂漠で埋葬された。
2011-10-21---BBC、AP通信、TIMEのカダフィー死亡Twitter!
2011-10-21---AFPが、最初のカダフィ捕獲の写真を発表!
2011-10-20---ムアマル・カダフィが死亡した!
2011-10-20---カダフィ殺人事件の時間軸!
1997-08-31---元イギリス皇太子妃ダイアナが死去した。
1963-11-22---ジョン・F・ケネディーが暗殺された。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告