gaYa広告

2014年12月29日

カバは、死ぬほど痛かったと涙を流して訴えた!

自然

新華社は、「涙を流している路上のカバ」の写真を公開した。

この写真は台湾で輸送車から落ちたカバの写真で、損傷により涙を流していると報告している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

ただし、実はカバは恐ろしくどう猛で、カバは世界最強のナイルワニと同じ場所に生息しているが、ナイルワニは象、水牛ヌー、シマウマなど何でも襲うが。カバだけは襲わないと言っている。

なぜならカバのあごはもの凄く、ナイルワニを噛みちぎることができ、さらにカバの皮膚は象用のライフルで撃っても外皮を貫通できないと言われている。

つまり、ワニが噛みつくことができるのは、カバの足だが、噛みついたワニを噛みちぎって殺すと言われている。

豚と同類のようだが、近づかないことである。

アフリカのエデン、ガボンでは、カバがサーフィンをしていると言うが。可愛いと言って近づかない方が無難である。

またカバは、自分の糞を尻尾でそこいら中にはね飛ばすクセがある。

2012-02-07---アフリカのエデン、ガボンでは、カバがサーフィンをしている!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告