on-the-time.jp

2012-02-07

アフリカのエデン、ガボンでは、カバがサーフィンをしている!

自然

BBC Newsは、10年前にガボンは、国定公園としてその土地の10%を指定した。

エコ・ツーリストを引きつける場所として、アフリカのコスタリカのバージョンになりたかった。

しかし、ガボンの自然資産を観光客の現金に変えることは期待されたより難しかった。

ガイドのウイナンド・ビリジョエン(Wynand Viljoen)は、アフリカの赤道、真南の大西洋岸部分に沿ってカバを見たことを思い出した。

「それらは波でのボディー・サーフィンです。それは全く驚くべきです。」と言っている。

何と、ガボンでは、カバがボディー・サーフィンを楽しんでいた。

[AD] You can advertise on this site.

これはナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)の2004年の記事で、ガボンを「カバがサーフィンする土地」と呼ぶためにリードした。

どんなカバも海洋で、ボディー・サーフィンを楽して楽しむわけではない。

さらに驚くのは、ガボンの海岸を象が散歩している。

2002年に大統領命令によって設立されたロアンゴ国立公園(Loango National Park)は、ニシローランドゴリラ(western lowland gorillas)、赤いカワイノシシ(red river hogs)および新鮮な豹(leopard)が間近に表れる。

そこは、国全体の10%をカバーする、13のガボン国定公園のうちの1つである。

少し長目の休暇を取って、さあ、カバのサーフィンを見に、ガボンに行こう!

海岸を散歩する象を見に行こう!

ガボン(Gabon)のロアンゴ国立公園(Loango National Park)のGoogle Earthポインター情報
2° 7'45.62"S,9°36'11.62"E
または、
-2.129339, 9.603228

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE