2014年12月18日

FCC、スプリントが顧客からの料金過払いで罰金US$1億500万を請求。

犯罪と裁判

Ars Technicaは、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は、伝えられるところでは数万人の顧客から不満をもたらした料金過払いでチャージでスプリント(Sprint)にUS$1億500万の罰金を科すことで訴えたと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

US$1億500万の罰金は、同じ違法な実行のため告発されたAT&Tに課されたものとマッチしている。
米国政府は、料金過払いでチャージの上で、T-Mobileも訴えた。

FCCはスプリントに対する行動を確認しなかったけれども、それは月曜日に全国ジャーナル(National Journal)と昨日WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)で報告された。「完了されなかった強制行動によると、それは サードパーティ・サービスのために、スプリントの請求顧客が知り、それらはそれを要求せず、望まなかった。」と全国ジャーナルは書いた。

「[無名のFCC役員]によると、FCCの調査により3ヶ月ウィンドウは2013年8月から10月に中心に行われた。その間に、彼らは、望まれないチャージについて、約35,000の消費者から、受け取られたと、スプリントに不満を言った。 」とウォールストリート・ジャーナルは書いた。「FCCは、スプリントの行動が故意の違反であったと主張し、調査を解決するために、会社没収US$1億500万ドルを提案する。」

レポートは、1億500万のいくらが顧客に返されるかを言わなかった。AT&Tについて、US$8000万は、FTCC(Federal Trade Commission. Carriers/連邦取引委員会)により配布される顧客返済のために取っておかれた。事業者は、主として、1年前、料金過払いチャージを停止させたけれども、FCCと連邦取引委員会は、まだ、どのようにそれの前にキャリアが顧客に料金過払いを請求したかを調査している。

アップデート:CFPB(Consumer Financial Protection Bureau/米国消費者金融保護局)は、今日、主張された詰め込むチャージの上のスプリントを訴えた。

「私達はCFPB(Consumer Financial Protection Bureau/米国消費者金融保護局)に私達の商慣行の説明に強く異論を唱え。CNBC(Consumer News and Business Channel)によると、 スプリントは、ステートメントで、「無許可のサードパーティ請求からワイアレスの顧客を保護するために、かなりの処置を取った。」と言った。「CFPBは、ワイアレスのキャリアの上の司法権を主張することが、法律の権限を持っているかどうかにおいてテストケースとしてこの問題を使うと決めたようである。」と言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。