on-the-time.jp

2014年12月17日

パフォーマンス・アーティストによる『仏教のバグ』

アート

BBC Newsは、カンボジア系アメリカ人のパフォーマンス・アーティストであるアニダ・ユー・アリ(Anida Yoeu Ali)は、アートが、宗教、アイデンティティ、およびその違いについての問題に答えるのを助けることができると信じていると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

アニダ・ユー・アリの作品は、まさにそれをする仏教のバグシリーズの試みが呼ばれた。

Anidaは、圧倒的な仏教の国で、イスラム教徒として誕生した。
彼女の家族は、カンボジアの少数派のシャン族(Cham community)で、1970年代に、クメール・ルージュ(Khmer Rouge)の下でターゲットとされた暴力と迫害に直面していたコミュニティのメンバーであった。

それらはどうにかして避難民として米国に逃げて、今や30年後で、アニダ・ユー・アリは、彼女のアートが展示されてあるプノンペンに生きて、働くために戻った。

BBCニュースは、アニダ・ユー・アリと会い、彼女の物語を聞くために行った。

アニダ・ユー・アリの家族も、現在は地中海で多くの戦場からヨーロッパへ逃げ出した人のようなボート・ピープルだったのだろう。

製作者:Ashleigh Nghiem

もともと、カンボジアやベトナムはフランス領であり、アートが盛んな地域である。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト