2014-12-17

パフォーマンス・アーティストによる『仏教のバグ』

アート

BBC Newsは、カンボジア系アメリカ人のパフォーマンス・アーティストであるアニダ・ユー・アリ(Anida Yoeu Ali)は、アートが、宗教、アイデンティティ、およびその違いについての問題に答えるのを助けることができると信じていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

アニダ・ユー・アリの作品は、まさにそれをする仏教のバグシリーズの試みが呼ばれた。

Anidaは、圧倒的な仏教の国で、イスラム教徒として誕生した。
彼女の家族は、カンボジアの少数派のシャン族(Cham community)で、1970年代に、クメール・ルージュ(Khmer Rouge)の下でターゲットとされた暴力と迫害に直面していたコミュニティのメンバーであった。

それらはどうにかして避難民として米国に逃げて、今や30年後で、アニダ・ユー・アリは、彼女のアートが展示されてあるプノンペンに生きて、働くために戻った。

BBCニュースは、アニダ・ユー・アリと会い、彼女の物語を聞くために行った。

アニダ・ユー・アリの家族も、現在は地中海で多くの戦場からヨーロッパへ逃げ出した人のようなボート・ピープルだったのだろう。

製作者:Ashleigh Nghiem

もともと、カンボジアやベトナムはフランス領であり、アートが盛んな地域である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.