2014年12月17日

パフォーマンス・アーティストによる『仏教のバグ』

アート

BBC Newsは、カンボジア系アメリカ人のパフォーマンス・アーティストであるアニダ・ユー・アリ(Anida Yoeu Ali)は、アートが、宗教、アイデンティティ、およびその違いについての問題に答えるのを助けることができると信じていると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

アニダ・ユー・アリの作品は、まさにそれをする仏教のバグシリーズの試みが呼ばれた。

Anidaは、圧倒的な仏教の国で、イスラム教徒として誕生した。
彼女の家族は、カンボジアの少数派のシャン族(Cham community)で、1970年代に、クメール・ルージュ(Khmer Rouge)の下でターゲットとされた暴力と迫害に直面していたコミュニティのメンバーであった。

それらはどうにかして避難民として米国に逃げて、今や30年後で、アニダ・ユー・アリは、彼女のアートが展示されてあるプノンペンに生きて、働くために戻った。

BBCニュースは、アニダ・ユー・アリと会い、彼女の物語を聞くために行った。

アニダ・ユー・アリの家族も、現在は地中海で多くの戦場からヨーロッパへ逃げ出した人のようなボート・ピープルだったのだろう。

製作者:Ashleigh Nghiem

もともと、カンボジアやベトナムはフランス領であり、アートが盛んな地域である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト