gaYa広告

2014年12月17日

今度は、チクングンヤ熱の突然の急拡大により、米国は大陸を掃除中!

美容と医学の科学

CNNは、チクングンヤ熱(Chikungunya [発音 chik-un-GOON-ya])、その病気の名前は「bending over in pain(苦痛で曲がる)」と言う意味で、まだワクチンは開発されていない。

その徴候はデング熱と似ている。
そして、それは、1年前アメリカ大陸に広がって以来、100万人を超える人々を感染させ、155人が死亡している。
蚊媒介性チクングニヤウイルス(The mosquito-borne Chikungunya virus)は、アジアとアフリカで、病気が広範囲に及んだ。その国から戻る旅行者から、長い間診断された。しかし、2013年12月に、カリブの島サン・マルタン(Caribbean island of Saint Martin)で、領域のローカルな蚊によって感染した最初の人々が報告された。
これは西の半球の衰弱病気の最初の突発であったと、健康職員は言った。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

中央アメリカの諸国は、今やチクングンヤ熱のローカルな感染を報告し、米国は、フロリダ州でのすべてで2014年12月12日現在までに、局部感染の11人の確認されたケースを持っていた。
米国全体で、帰国旅行者の感染者1,900人が入国したと言われている。
サン・マルタンにおいて感染した人々を参照したCDC(U.S. Centers for Disease Control/米国疾病管理センター)のエリン・ステープルズ(Erin Staples)は、「2013年まで、あいにく、旅行者がチクングンヤのローカルな感染を結果として生じることがなかった」は 言った。
感染したそれらは、蚊により拾われ、ウイルスをそれらの血流で運び、それらに刺されるととそれらを感染者にする。ウイルスは、茂るように急速に以来広がり、エコロジカルな条件が病気に最適なので、出発の合図を全然示さない。
医学の流行病学者ステープルズは「私達は、それが広がると知っていた」 言った 。
役員を当惑させている大きい問題が、なぜ現在?

中南米の温度に準備された2つの蚊種が、チクングンヤ熱を運ぶ種は,デング熱熱(Dengue fever)の後ろのウイルスも運ぶネッタイシマカ(Aedes aegypti )とヒトスジシマカ-(Aedes albopictus)である。
「領域でデング熱のレベルが与えられて、私達は、チクングンヤ熱の同じレベルがあるかもしれないと知っていた。」と、ステープルズは言った。両方の病気は、共同の苦痛と点火、頭痛、発疹、および熱を起こし、まれなケースに、死をもたらすかもしれない。
しかし、アフリカマコンデ族方言(African Makonde dialect)に端を発するエキゾチックな名前を持つこの熱帯病が、より強烈な共同の苦痛と点火を起こす。何人かの人々のために、苦痛は月または数年の間苦しめ、追加の心理学的な緊張を結果として生じる。
アメリカ大陸に住んでいる人々の間の免疫の不足は、今年人口にわたってチクングンヤ熱が広がるように、ブランクのキャンバスを提供した。PAHO(Pan-American Health Organisation/全米健康組織)によると、12月12日現在、死んだ155人に加えて103万人を超える人々が感染した。災害のうちのほとんどすべては、
カリブの島国ガダロペ(Guadaloupe)とマルティニク(Martinique)に存在した。

私達が最も大きいジャンプを見た所は、それの後にあった。ドミニカ共和国(Dominican Republic)などの国の弱められたインフラストラクチャーと健康システムを参照するスペイン語話している国に到着したと言われ、その領域で、島国の人口の全体の突発および5%の半分より多く、ステープルズは520,000を超えるケースを報告した。

「ブラジル、ペルー、パラグアイは、夏になり、それらの最初ローカルな感染を報告している」と、ステープルズは言った。
すでに、ブラジルで2,000人を超える人々が感染していた。
懸念の理由があるか?
チクングンヤ熱を持つ感染が、めったに、致命的ではないので、職員へのほとんどの懸念の問題は、公共医療サービスの荷および衰弱徴候の経済へのインパクトである。
「ケースの高い数は公共医療サービスに過負荷をかけることができる。」とPAHOのための地域のアドバイザー、世界保健機構の地域のオフィスであるピラル博士レーモ-パルド(Dr. Pilar Ramon-Pardo, regional adviser for PAHO, the regional office of the World Health Organization. Until recently, monitoring for Chikungunya)言う。最近まで、チクングンヤ熱のために監視することは領域での規定通りの監視の一部ではなかった。
「臨床医は、診断する用意ができている必要がある.」と、彼女は言った
関節炎などの徴候および他のリューマチの明示は、身体障害をもたらし、ケースの30%から約20%が慢性になると いわれている。人々が、もっと押し下げられて、疲れるので、より一層の長期の効果は心理学的なダメージになる。
これのうちのすべては、失敗された仕事を結果として生じるかもしれず、下の学校出席、彼女は言い、ローカルな経済を負傷させた。
それは、滞在するために、ここにあるか?
領域の暖かな気候は、ちょうどデング熱のように、チクングンヤ熱レベルが何年もの間で維持される可能性を提供する。しかし、ほとんどの懸念のエリアは熱帯地方である。

ただし、今年代々木公園で大きな話題になったデング熱も、日本は感染領域に入っていなかった。

いつか近い将来、日本にも飛来することだろう。

2014-10-07---デング熱は、中国で6人を殺した!
2014-09-06---中国でもデング熱を確認。
2014-09-03---デング熱に、遺伝子組み換え蚊で対抗。
2014-09-02---デング熱、国内感染急拡大。
2014-08-28---日本国内で70年ぶりに、代々木公園で3人がデング熱に感染?

カリブの島サン・マルタン(Caribbean island of Saint Martin)のGoogle Earthポインター情報
18°04'00.0"N 63°03'00.0"W
または、
18.066667, -63.050000

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。