gaYa広告

2014年12月17日

米国は東京オリンピックの次を狙う!

スポーツ

BBC Newsは、米国オリンピック委員会(The United States Olympic Committee)は、東京オリンピックの次、2024年のオリンピックおよびパラリンピック試合に立候補すると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

米国オリンピック委員会は、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、またはワシントンD.C.から、1つのホストの都市を選ぶ。

立候補者のための国際オリンピック委員会(The International Olympic Committee)の締め切りは、まさしく2017年にある決定によって、2015年09月15日である。

米国が夏オリンピックを主催した前回は、1996年にアトランタ(Atlanta in 1996)であり、だが2002年にユタ州ソルトレーク・シティ(Lake City, Utah)が冬季オリンピックを主催した。

「全体の1世代のアメリカ人は、家庭の土のオリンピックとパラリンピック試合の驚異的なスペクタクルに立ち会う機会を持っていなかった.」
「私達は、ゲームを米国に思い出させることが、ムーブメントの続く力を保証することについて重要であると信じる。」と、USOC CEOスコットブラックマン(Scott Blackmun)は言った。
米国は、入札プロセスを公式にスタートするドイツとイタリアの後で3番目の国である。

モナコで今月初め会う国際オリンピック委員会では、スポーツの展示物を改造するために、40ポイント行動計画について投票した。

潜在的なホストがそれがより容易なのを発見し、「オリンピックの議事日程2020」改革とイベントの下で入札するためにより安いホストの国または都市の外に保持できる。

変化がリオ2016スケジュールに全然ないけれども、未来の夏オリンピックのための28スポーツキャップは取り除かれた。

つまり、東京オリンピックおよびパラリンピックから、新しいオリンピックおよびパラリンピックになる。

1つの夏ごとに1つの28スポーツ限界の代わりに、ゲームは10,500人のスポーツ選手および310のイベントに限定される。

米国の場合、テロとの戦いが表面化する。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。