2014-12-03

m-コマーストランザクションは、2019年まで3倍になる。

モバイル・マネー未来

Mobile World Liveは、ジュニパー・リサーチ(Juniper Research)からの情報として、Apple PayとHCE(Host Card Emulation/ホストカードエミュレーション)テクノロジーの巻き取りのおかげで、モバイルの商業トランザクションの数は、次の5年間で3倍近い増加に課される。

しかし、エリアはデジタル商品の販売から最もたくさんの押しを得ると、ジュニパーは言った。

この研究は、今年毎年携帯電話とタブレットユーザーが、2019年、近い3倍の増加によって720億から1950億回のモバイル商業トランザクションをすると気付いた。

ドライバーはアップルを含む 最近、バーチャルと近接トランザクションのために働くNFC-ベースの支払い部門をスタートした 。
そして、HCEテクノロジーの銀行による予期されている展開も助けると言っている。

しかし、社会的なゲームでの例えば、トランザクション巻の最も高いネット増加は、アプリ中購入品のための少額決済での急増のためデジタル商品に存在する。

研究により、どのように、また、特にunderbankedされた領域および人口内でデジタル・コンテンツのための収益が直接的なキャリア請求から来ることができるかが強調された。

最後に、研究により、スタートのすぐ後にいくつのモバイル切符発売の展開が急速に成長したかが指摘された。
結論は、そのようなサービスが未開発の要求を満たしていることである。

MBTA(Massachusetts Bay Transportation Authority/マサチューセッツ湾交通権限)によるよく公表されたモバイルの切符スタートは、スタートの9ヶ月以内にその興行収入の15%を占めていた。

こもで、明らかなこととして、スマートフォンや携帯電話などは、モバイル切符発売の展開に大きく寄与するが、オンライン・ショッピングは、単品販売に限定され、それほど貢献しないだろうと言うことである。

オンライン・ショッピングで貢献するのは、最近アップルで発売された大画面のスマートフォンか、タブレットの普及がキーになることだろう。

このことに触れていないのが、残念である。

アップルは、それに気が付いたことから、スティーブ・ジョブスが反対指定単も係わらず、App;e Payと同時に大画面へと、切り替えた。

2014-11-18---いよいよモバイル・マーケット時代が本格化する。

Related Dates