on-the-time.jp

2014年12月03日

フィリピンのGlobeによるe-コマース・ユニットG-Xchangeの社長が突然辞任。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、最近モバイル・マネーで話題になり始めているフィリピンオペレータGlobe Telecomのe-コマースユニットであるG-Xchangeは、社長のパオロ・バルタオ(Paolo Baltao)が2014年12月1日に辞任を発表したと報告した。

後任にはザヴィエル・マルザン(Xavier Marzan)になり、GXIのCOOに就任する。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

パオロ・バルタオは、モバイルペンイメント、m-コマース、およびモバイル・マネー・サービスを含むオペレータの出現モバイルのマネー企業部分を建てるのに最近の10年を費やした。

オペレータから、彼の実際の出発の2日後に発表が出たので、彼の出発は突然のようである。
彼の宛先は未知である。

Globeは、ライバルのスマートとモバイル・マネー・スペースの革新者である。
送金し、受け取るためのそのサービス「GCash」が、その業績の間にあった。

そして、Globeのモバイルの販売時点リーダを使うSMEsは、Globe Chargeを通してビザ借方からの支払いとクレジットカードを受け入れはじめた。

中小企業は、ビザカードが、彼らが訴えることができるどれにでも人口統計を幅広く伸ばすことを認めることを可能にすることによって、彼はその時言った。

彼は、ミラノのGSMA NFC&モバイル・マネー・サミットで、すべて から をユーティリティの請求書に小売りで踏破し、消費者が支払いをする所でついて行くように、2012年にアドバイスの断片を与えた。

「それが鳴るので、利己的に、お金が転送される時には、私はいつでもドルを得ようとする。」と、パオロ・バルタオは彼の基調講演の間に言った。

彼は、また、GXIがパワー支払いプラス(Power Pay Plus)とアメリカンエキスプレス・バーチャルペンイ(American Express Virtual Pay)のような製品を導入することを手助けた。

2014-11-24---フィリピンのGlobe Telecomは、アジアの拡張を捜している。
2014-10-30---フィリピンのGlobe Telecomは、モバイル・マネー・サービスの手数料を放棄。
2014-10-20---Globeは、GCashで非営利的な組織を支援する。
2014-10-14---Bitcoin appsは、フィリピンのモバイル・マネー市場と連結。
2014-08-01---Globeは、ビザとオプションを拡張。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト