on-the-time.jp

2014年12月07日

ロシア人とアメリカ人はどう違うか?とにかく違う!

政治経済戦争と平和犯罪と裁判

ワシントンポスト(Washington Post)は、これまで国の関係が南に突入したことがあると、両方の国の大統領ロシアのウラジーミル・プーチン(Russian President Vladimir Putin)と米国のオバマ大統領(President Obama)、および政治家は、鎮痛剤(barbs)を交換している。

しかし、それは国の市民についてのもの?それらはであるか?それらのリーダーとしてのレトリックが示唆することとしてのオッズ?

世界観は、ピュー・リサーチセンター(Pew Research Center)とギャラップ(Gallup)によって実施された最近の世論調査を掘り下げた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

互いに、データが興味深い洞察の中で、何をロシア人に提供し、 アメリカ人が互いと自身について考えるそれらは、どのように一定の点で異なり、それが他の方向に来る時には、それらはどのように同意できるかということになる。

なにしろ、アメリカ人とロシア人は違ったふうに方法を考える。

すべてのロシア人の半分より少しは、米国政府の点でパーソナル自由を考える。昨年より20%少しであった。ほんの1年前、ロシア人、およびアメリカ人が個人的な自由への米国政府の敬意について、同様な意見を持っていたことに注意することが興味深い。
大規模な低下は、それ以来外国にNSA発見プログラムについての新事実だけでなくウクライナの動乱と同時に発生した。

また他の国で米国への信頼が傾いていた間、世界的な回答者の大多数58%は、米国政府がその人々の個人的な自由を尊重すると思う。それは、ロシアについて同じをことを信じたことの2倍より多くである。

他の国のロシア人とアメリカ人の見方は、過去の10年で今日どのような時よりネガティブであるか。

個々の国の一般大衆は、また別の重要な点で異なっている。
彼らはどのようにそれらのリーダーを見るか。ロシアでは、プーチンの人気が急上昇した一方、米国一般大衆は、オバマ大統領にますます疲れた。

プーチンの強い支持率はウクライナの国の軍隊行動へのロシア人の熱狂と結び付けられた。
しかし、そのようなサポートは長い目で見ればもろいかもしれない。
同じ投票は、アメリカ人よりロシア人の間で生活への満足が約20%低いと気付いた。

ロシア人はまたずっとありそうであるが、生活において成功することについて、幸である必要があると信じるアメリカ人がいる。

多くのロシア人は、それらが、そのゴールを達成することについて、幸である必要があると思う間、彼らが、そうするために、自由市場経済で生きている必要があると約半分で信じてはならない。

それが同性愛の承認などの社会的な価値に来る時には、いくつかのキーギャップもある。

しかし、道徳的な受け入れ不可能を飲むのを見つけるために、アメリカ人よりロシア人がありそうであるという事実は、ロシアのウォツカへの愛情に気づいているそれらを驚かせるかもしれない。

アメリカ人とロシア人が同様に考える方法は、
しかし、社会的な問題は、アメリカ人とロシア人が最も多くの共通の基盤を共有するような所でもある。

いくつかでは、それらが世界の多くの他の国の人口にであるよりアメリカ人とロシア人は、実際、お互いに近い。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。