gaYa広告

2014年12月07日

エボラ(Ebola)を生き抜く。

モバイル・マネー美容と医学の科学政治経済観光宗教

ワシントンポスト(Washington Post)は、レニー・バーンスタイン(Lenny Bernstein)による記事と、ミッシェル・ドゥ・チリ(Michel du Cille)の写真で、2014年12月07日に出版した、ショッキングな「Surviving Ebola(エボラを生き抜く。)」を紹介した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

人類に知られている最も恐ろしい感染のうちの1つから回復することは、卓絶した喜びの時間を提供するべきである。しかし、それはいつもその方法でうまくいくわけではない。

エボラ出血熱のため3,100人を超えるリベリア人が死んだ。しかし、一方的賭率に対して、何人かの幸運な人々がウイルスに打ち勝った。それらは、1つの貴重な贈り物、現代の医学でさえ実現できない何かを与えられた。
病気のこの緊張への免疫。

これは、歴史の中で、最も悪いエボラ出血熱の突発を生き抜くことが似たものである。

Caring for children(子供を世話する)
Decontee Davis: She won her battle with Ebola. Her 5-year-old son, though, paid a price. She didn’t want other kids to suffer the same way, so she embarked on a difficult new job.

A life shattered(生活は粉砕した)
Deedee Urey: She always wanted a job. After surviving Ebola, she got one. But this is not the life she had imagined.

Shunned(避けられる)
Makula Dunor: She contracted Ebola from her husband. Unlike him, she lived. But that doesn’t mean she was welcomed home.

Welcomed home, but still struggling(歓迎された家けれどもまだ苦闘)
Klubo Mulbah: She was determined to defeat the Ebola virus. And she did -- only to find out that there’s a lot more to recovery than that.

Giving testimony(与える証拠)
Stephen Kpoto: Thirty-nine people died around him. He survived. Now he tells his story to others who doubt that Ebola is real.

2014-12-05---シエラレオネで、伝統葬をした家族を投獄。
2014-11-27---世界で最悪のエボラ出血熱突発は、1人の少年の死から始まった。
2014-11-25---ギニアで、エボラ患者の血液サンプル盗まれた。
2014-11-21---マリの医者は、エボラ患者を治療した後に死亡。
2014-11-20---エボラで苦しむ西アフリカの音楽家は、エボラを訴える歌を作った。
2014-11-17---ボブ・ゲルドフ、エボラ・バンドエイドは、4分〜5分で£100万売れた。
2014-11-17---シエラレオネの医者は米国で死んだ!
2014-11-12---エボラの死亡者が5,000人を越え、ヘルスワーカーの「危険手当」無払いでストライキ!
2014-11-06---スペインの看護師はエボラから回復し、退院。愛犬殺処分で職員を非難!
2014-10-31---エボラのジョークで、罰金刑!
2014-10-30---エボラウイルスの共同発見者、中国はエボラ流行に「ぜい弱」と指摘。
2014-10-29---エボラ救援に南アの巨頭US$100万寄付。世界経済第2位の中国「0」
2014-10-29---中国ファッション・ウィークは、スモッグ・ファッション。
2014-10-28---リベリアの棺桶屋は、エボラで大変!
2014-10-27---オーストラリアは、エボラ流行国からの入国を制限!
2014-10-27---IBM、シエラレオネのエボラ・トラッキング・システムを提示。
2014-10-26---米国の看護師は、空港での検査処理は、まるで囚人と監獄で爆発!
2014-10-25---WHOは、エボラの患者が10,000人を突破したと報告。
2014-10-24---北朝鮮、エボラ熱懸念で外国人観光客禁止。
2014-10-24---エボラ看護師ニーナ・ファムはウィルスが消えた。
2014-10-23---大都市ニューヨークで、エボラ陽性医師がジョギング!
2014-10-22---世界に衝撃を与えたエチオピアの飢きんから30年の報告。
2014-10-17---オバマ大統領はロン・クレインを「エボラ・ツァー」に任命するだろう。
2014-10-16---パニック!エボラ患者に付き添う無防備の人は、誰?
2014-10-15---ダラス病院従事者で、第2のエボラ米国国内感染者が出た。
2014-10-12---米国でも、エボラの国内感染が発覚。
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが米国の病院で死亡。
2014-10-07---エボラに感染しない方法。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-06---アフリカ外のスペインで、最初のエボラ感染を確認。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-20---エボラと経済的影響。
2014-08-11---中国の医療スタッフと医療品が、エボラを影響を受けた国々に到着。
2014-08-07---米国へのエボラ拡大は避けられない。いずれ日本にも---
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。