2014-12-03

テキサス大学は、100の脳を失った。

犯罪と裁判

Raw Storyは、テキサス大学のオースティン校(The University of Texas at Austin)が、ホルムアルデヒドことによると、殺したことおよび約50年前のキャンパス銃撃で、ばか騒ぎとなり傷つけられた数ダースについての人のそれを,学校役員で含むのジャーに蓄えられた約100の脳を失ったとメディアに2014年12月02日火曜日に言ったと報告した。

約30年前約200の脳が国の病院から大学に移されたけれど、心理学ラボはそれらの半分のための部屋しか持つおらず、約100は、地階に置かれ、蓄えられたと、新聞オースチン・アメリカン・ステーツマン(Austin American-Statesman)が報告した。

「それは、完全に可能な言葉学部生と人々開始の間のまわりでリビング・ルームまたはハロウィーン冗談のためにそれらを読み取らされるのである」と、心理学教授ローレンスコーマック(Lawrence Cormack)は新聞に言った。

行方不明の脳のうちの1つは前海兵隊チャールズ・ホイットマン(ex-Marine Charles Whitman)の脳であるかもしれない。それは、1966年に銃乱射し、大暴れして時計台のトップから16人の人々を殺した後に、警察に撃たれた。

そのとき、それがそれらを取った脳に、見本から識別データを削除するために、教えているツールとして脳を使う学校が合致していた新聞は、心理学教授を引用して報告した。

大学は、それについて、調査することを計画するとステートメントで言った。

これは一種の死体遺棄であり、犯罪である。