gaYa広告

2014年12月07日

「フレンチフライ(French Fry)」なのに、ベルギー市民らが世界遺産運動。

美容と医学の科学経済戦争と平和

AFPはRelaxnewsからとして、ベルギーでは西部フランダース(Flanders)のベルギー北部で話されるオランダ語の方言フラマン語(Flamand/Vlaams/Flemish)圏の住民らを中心に昨年から、同国発祥の料理であるフライドポテトを文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)の世界遺産(World Heritage)に登録してもらおうと、その実現に向けた活動が推進されていると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ただし、誰が、いつ、どこで作り出したのか?
17世紀頃、ベルギーで始まったと言うが----
ジャガイモの歴史は、やたらはっきりしている。

世界遺産への登録と同時に発祥の地としての知名度を世界的に高めたい狙いもあり、フランス語圏とドイツ語圏の住民らもこのほど、この活動への協力を表明した。

2014年12月01日から開催されたフライウイーク(Fry Week)の開始を前に、ベルギー南部ワロン地方(Wallonia)のフランス語圏、東部ドイツ語圏の市民らは、北部フラマン語圏の郷土料理であるこのジャガイモ料理がベルギー料理であることを世界に認知してもらうため、運動を支援すると明らかにした。

ベルギーのフライドポテトは、細長く、最も小さい断面が1センチ角以上であることとされている。2回揚げるのが特徴で、多くの場合には牛脂が使われる。マヨネーズやミートソース、カレーケチャップからタルタルソース、ベアルネーズソース、チーズまで、さまざまな味付けで楽しまれている。

ベルギー観光局によると、この国の郷土料理が「フレンチフライ」と呼ばれるようになったのは、第1次世界大戦中にフランス語圏に駐留していた米国の軍人らが帰還後、誤ってそう呼んだのが広まったためだという。
米国の軍人らは、もの凄く多くの間違いを世界に広めている。

例えば、ハンバーガー・ステーキは、ハンブルグには売っていなかった。あれはドイツ語でハックステーキと言い。小さなパン、ブロッツシェンと一緒に食べるが、挟んで食べない。

フランクフルトは都市の名前で、ソーセージではない。ソーセージはブルストで、それぞれの都市に有名なソーセージがあり、フランクフルトのソーぜー次は、フランクフルター・ブルストである。

なにしろ、フランス語とゲルマン語をごちゃ混ぜにしたイギリスの英語を盗んで、米語を作っているので。最悪の言語であり、取りあえず、何でも米語であり、きれいな米語などは存在していない。

もともとヨーロッパの落ちこぼれが、米国に逃げ出したのである。

-8000-00-00---南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めた。
-0500-00-00---ペルーとチリのインカ古代遺跡で、ジャガイモを育て、食べていた。
1532-00-00---スペイン人の征服者、最初にジャガイモに遭遇。
1540-00-00---「ペルー年代記」で、世界で始めてジャガイモについて記述した。
1565-00-00---探検家ケサダは、金の代わりにジャガイモをスペインに持ち帰った。
1585-00-00---ジャガイモがスペインから、イタリアとイギリスに渡った。
1587-00-00---ジャガイモが、ベルギーとドイツに渡った。
1588-00-00---ペイン艦隊の船が漂着し、アイルランドにジャガイモが伝わった。
1589-00-00---イギリスの探検家ウォルター・ローリー卿が、ジャガイモをアイルランドに持ってきた。
1597-00-00---作者ジョン・ジェラードがジャガイモに関する本を執筆した。
1600-00-00---ジャガイモが、フランスとオーストリアに渡った。
1719-00-00---1600年代中期に、ジャガイモが米国に渡った。
1771-00-00---フランスの軍事化学者が、飢饉の災難を救えると訴えた。
1774-00-00---ロシアの農民は、1700年代の半ばまでジャガイモを拒否した。
1785-00-00---フランスの軍事化学者が、ジャガイモの栽培でルイ16世を説得した。
1786-07-28---最初のジャガイモが、イギリスとアイルランドに届いた。
1836-00-00---有名なアイダホではジャガイモが栽培されていなかった。
1845-00-00---ジャガイモ栽培が病的になり、「すばらしい飢餓」が起こった。
1850-00-00---ジャガイモを人間のためではなく、動物の飼育用の餌と考えていた。
1861-00-00---イザベラ・ビートンが、1862年に出版された本で、ジャガイモについて書いた。
1872-00-00---アイダホ・ポテトが産業になった。
2014-10-02--デンマーク人は、犬を噛む!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。