gaYa広告

2014年12月04日

生きたまま大蛇に食べられるポール・ロソリー。

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ディスカバリー・チャンネル(Discovery Channel )で生きたまま大蛇に食べられるとして映像化された衝撃的なスタントの自然主義者ポール・ロソリー(Paul Rosolie)は、怒った動物の権利活動家に反応し、動物が損なわれなかったことを強く主張したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ポール・ロソリーが着る炭素ファイバースーツは、その注意を引き付けて、それに彼を食べさせるために25ftヘビの正常な獲物を模倣する前に、ブタの血を自身のために、食事として、生きたまま注ぎかけた。

批評家はヘビの福祉を気にしないため、ポール・ロソリーを怒って告発したけれど、27歳は、動物のアマゾン生息地の上昇自覚を助けるために、彼が実験に加わっただけであると伝えていた。

「私は非常に多くの外で[大蛇]を強調したくなかった」「私は、スーツがスムーズで、ヘビを負傷させようとしていないことを確かめたかった。」と、彼はニューヨーク・ポスト(the New York Post)に言った。

「私は本当は怖がらせられなかった。私達がこのスーツをテストし、エキスパートとこれに取り組んだので、私達は私が安全であろうということを知っていた。」と言っている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告