on-the-time.jp

2014年12月04日

生きたまま大蛇に食べられるポール・ロソリー。

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ディスカバリー・チャンネル(Discovery Channel )で生きたまま大蛇に食べられるとして映像化された衝撃的なスタントの自然主義者ポール・ロソリー(Paul Rosolie)は、怒った動物の権利活動家に反応し、動物が損なわれなかったことを強く主張したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ポール・ロソリーが着る炭素ファイバースーツは、その注意を引き付けて、それに彼を食べさせるために25ftヘビの正常な獲物を模倣する前に、ブタの血を自身のために、食事として、生きたまま注ぎかけた。

批評家はヘビの福祉を気にしないため、ポール・ロソリーを怒って告発したけれど、27歳は、動物のアマゾン生息地の上昇自覚を助けるために、彼が実験に加わっただけであると伝えていた。

「私は非常に多くの外で[大蛇]を強調したくなかった」「私は、スーツがスムーズで、ヘビを負傷させようとしていないことを確かめたかった。」と、彼はニューヨーク・ポスト(the New York Post)に言った。

「私は本当は怖がらせられなかった。私達がこのスーツをテストし、エキスパートとこれに取り組んだので、私達は私が安全であろうということを知っていた。」と言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告