2014年12月03日

日本の宇宙探検船は、クレーターの中から素材を収集。

宇宙

米国の雑誌「TIME」は、日本の宇宙探検船は、リモートで小惑星のクレーターに吹きつけて、地球の起源への手掛かりを集めることを期待して岩サンプルを持ち帰るために、2014年12月03日水曜日に6年旅に離陸したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Hayabusa2と命名された宇宙探検船は、2018年の中期に小惑星に到着する予定で、研究に18カ月を費やし、2020年遅く、多分東京オリンピックの後に帰還することになっている。

小さい機器は宇宙探検船から別れて、発射体を開いて、突風を直径の数m(数フィート)のクレーター発射する 。突風の間に小惑星の後ろに隠れる宇宙探検船は、その時クレーターの中から素材を収集しようとする。

小惑星は、太陽系およびその発展の誕生についての地球で入手可能ではない証拠を提供できる。日本の宇宙エージェンシーのJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)は、この研究が、惑星地球はどのように形成されたか、海水の起源を説明するのに役立っているかもしれないと言った。

Hayabusa2は、別の小惑星の表面から素材を収集した後に2010年に戻った前の宇宙探検船Hayabusaの仕事において拡大することを試みる。この時小惑星の中に達することによって、新しい探検家は、スペース環境と熱のため切り抜けられたとおりではない素材を回復できる。

より早い任務はメカニカルな失敗および他の問題により悩まされた。
JAXAの希望と改良は、それ以来この旅行をよりスムーズにする。

JAXAの月および惑星の探検プログラムからの岸晃孝(Akitaka Kishi)は、「任務はいずれにしろ完成されたけれども、私達は方法に沿ってつまずいた。」そこに旅行し、何かを返すことが極めて難しい。」 と言ったと紹介している 。

日本の南の種子島宇宙センターから打ち上げられたHayabusa2は、その側から突き出ている太陽のパネルの2セットを持つ矩形のユニットである。
主要なユニットは1x1.6x1.4mm(3.3x5.2x4.6フィート)の長さがあり、それには約600kg(1,300ポンド)の重さがある。

2010-11-16---はやぶさカプセル内の微粒子が小惑星イトカワのものと判明。
2010-06-14---はやぶさの回収が始まった!
2010-06-12---日本のイトカワ小惑星ミッションは、「はやぶさ」の再突入にセットした。
2010-05-31---もうすぐ、日本の小惑星探査衛星「ハヤブサ」が帰ってくる!
2009-11-19---小惑星探査機「はやぶさ」の帰還再開。
2003-05-09---「はやぶさ(MUSES-C)」が打ち上げられた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告