2014年12月03日

スコットランドで飲酒運転の限界を下げたら、命を救った。

美容と医学の科学健康

スコットランドの新聞Scotsmanは、スコットランドで今週末に、飲酒運転限界が下げられると裁判所命令が発効され、マイケル・マジソン(Michael Matheson)は、アルコール自動車運転者の量を減らすと言った。
それは、血に持つために許される生命を救うといった。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

スコットランド議会(The Scottish Parliament)は、100mlの血あたり法律の限界80mgから50mgまでを減らすために、先月手段を満場一致で承認し、変化は金曜日から発効する。

自動車運転者が下限を国境の北で知っていることを確かめるために、現在広告キャンペーンが進行中である。一方、その変化についてドライバーに話している電子掲示は、道路に、および国境エリアのサービスステーションで示された。

マイケル・マジソンは言った:「スコットランドは金曜日から新しい下げられた酔っ払い運転限界を持ち、より安全および生命を救っている私達の道路を作る。」
「どのようなレベルのアルコールでも、運転するあなたの能力を害する。新しい限界でさえ、あなたは、あなたのシステムのどのアルコールなしでほど3倍衝突において死にそうではない。

「これはスコットランドをヨーロッパのほとんどとの平均ラインに至らせる。
同じ下限を採り入れたアイルランドからの証拠で、私達が信念を見ることを示唆することで、縮小 飲酒運転および下の血アルコール計算を下げた。

「私達はイギリスを横切って案内している。新しい限界は、国境の公的な南北のエキスパート、交通安全運動家、および大多数からバックアップすることを持っている。

「それが、飲むことに来、私達のアドバイスを動かす時に、簡単である それはただ、それに値しない。生活を危険にさらしてはならない。最もよいアプローチはアルコールを全然飲んでいないことである。」

高度自動車運転者の研究所は、先週、人々のうちの2/3より多く(68%)が、イギリスとウェールズで酔っ払い運転限界を下げる規制を採り入れられるのを見たい研究を出版した。

それだけでなく、自覚、イベントを上げるためのメディアキャンペーンは、新しい限界を強調するために、スーパーマーケット、空港およびキー列車駅エジンバ・ラウェイヴァリー(Edinburgh Waverley)やグラスゴー中央駅(Glasgow Central)などので起こっている。

スコットランド政府は、すべてのテスコ(Tesco)およびシェル(Shell)に所有されているガレージを含むサービスステーションによってダンフリース(Dumfries)、アビングトン(Abington)、ジェドバラ(Jedburgh)、ベリック・アポン・トウィード(Berwick-upon-Tweed)などの境界エリアのそれらも特に作動させている。

交通安全スコットランドのディレクターである・マイケルマクドネル(Michael McDonnell, director of Road Safety Scotland)は、
「それは約50年である。なぜなら、現在の限界は導入されて、私達がまだ1年あたりスコットランドの平均20人の生命を失っているそれは不名誉であるからである。世界中からの証拠は、取り組み飲酒運転の最もよい結果が限界を下げること、または強制、または両方を増大させることによって達成されるのを証明する。」

「私達も、ヘビー級のメディアキャンペーンと結び付けられた目立つ強制の組み合わせが、資源の中で最も効率的な使用であると知り、私達は、人々が限界の変化を知り、弁解を全然持っていないことを保証するために、スコットランド警察と他のパートナーが身近に働いている。」
「より多くの飲酒運転者をつかまえるけれども、まず第一に人々がそれをすることを防止することについてである。最終的に、私達のほとんどは非常に多く負ける必要がある。従って、それはただ、リスクに値しない。」と言った。

2014-09-22---スコッチ・ウィスキーの輸出が11%落ち、£17億7000万。
2014-06-12---1809年の酔っ払いと友情のルール。
2013-01-04---アルコール・メッセージは「混乱しています。」
2012-12-03---スコットランドのアル中死は減ったが、まだ高い!
2012-11-15---妊娠中に、1週間当たり1〜2杯のワインでもIQに影響?
2012-11-03---飲酒飛行で鳥が集団死!?
2012-09-12---チェコで海賊版「スピリッツ」が、16人を殺した。
2012-09-11---酔っぱらいの親に乱用される子供!?
2012-09-01---ホワイトハウスはバラク・オバマの蜂蜜ビールのレシピを暴露。
2012-08-31---ビアグラス・デザインの変化と、飲用スピードの因果関係。
2012-08-29---女性の中で発見された「幸福」遺伝子。
2012-07-21---ロシアは印刷版とインターネットのアルコール広告を禁止。
2012-07-07---パラオは、ビールとマリファナの世界首都か?
2012-05-27---スコットランド、飲酒運転規則改定!
2012-03-30---科学的検証、酒を飲むと魅力的になる?
2012-03-22---イギリスで過去10年間に、肝疾患による死亡率が25%上昇。
2012-03-15---セックスに飢えたミバエほど、多くの酒を飲んだ!
2012-03-09---LSDは、「アル中患者」が飲酒を止めるのを助ける!?
2012-02-25---エジプトの首都カイロの「baladi」バーのビール、キャバレーと政治。
2012-02-05---政府キャンペーンは、アルコールを「あまり」飲みすぎないことを注意!
2012-01-01---お祭り騒ぎの後、1月になっての解毒は無意味!
2011-12-31---セックスとアルコールの危険性因果関係!
2011-12-13---飲酒運転は、車だけではなく、セックスも危険!
2011-11-04---ワシントンのバーで、キューバは、ヘミングウェイを思い出す。
2011-09-28---エクアドルの偽酒による殺人で逮捕!
2011-09-17---ドイツのミュンヘンで、世界最大のビール祭が開幕した。
2011-07-18---エクアドル、生と死のアルコールで21人死亡!
2011-04-14---アルコール中毒患者と携帯電話。
2011-03-15---深酒は、膵癌のリスクを上げる!
2011-02-23---ブルガリアは、ブランデーの値下げで、スピリッツを支援する!?
2011-02-21---イギリスでは、数1,000人が「アルコール死」のリスクがある!
2010-09-24---満月に醸造した神秘のビール「Paix-Dieu(平和の神)」を日本で販売。
2010-09-02---アルコールの消費量が続落し、麻薬の消費量が伸びている。
2010-09-02---ほろ酔いの日誌、台所の流し台の下に隠されたあなたの秘密の飲み物。
2010-08-30---スコットランド労働党の酒委員会の報告。
2010-05-29---スコッチ・ウィスキーと経済学。
2010-05-25---私のアルツハイマー病予防のため、一緒にお酒を飲んで頂けないでしょうか?
2010-01-18---イギリスで「飲み放題!」の宣伝禁止!
2009-12-20---水より安くビールを売ったとして起訴!
2008-08-07---NCAA、アルコール広告拒否!
2008-05-13---子供の酒とたばこ販売禁止で、ロンドンのスーパーが顔認証採用
2007-11-30---WNBCテレビが酒のコマーシャルを配信した。
2007-11-30---ニューヨーク一流TV局、「酒」の広告を開始!
2007-06-21---オーストラリアで、アボリジニに酒とポルノ禁止!
2007-03-07---ウィーンのKarlsplatz地下鉄駅は、麻薬常用者とアルコール中毒患者。
2007-02-05---米国の親は、子供のセックスやアル中より、メディアが心配!
2005-12-03---アルコール中毒、麻薬の乱用に匹敵するインターネット中毒の危険性!
2005-11-02---ドイツで車椅子の飲酒運転を禁止!
2005-07-07---麻薬、たばこの次は、酒
2005-02-04---屋根裏でジャンクフードを食べ、多量のアルコールを流し込む時代。
1997-01-25---偽酒中毒事件で、被告5人の死刑判決が確定した。
1946-08-08---ベニー・リンチがアルコール中毒で死去した。
1919-10-28---米国で禁酒法成立。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告