2014-11-26

デンマークのオペレータはm-payビジネスをライバルに売る。

モバイル・マネー銀行

Mobile World Liveは、デンマークのモバイル支払いベンチャー「Paii」の背景にあるオペレータは、サービスを、デンマークの銀行のコンソーシアムにより所有されているデンマークで2番目にポピュラーなモバイル支払いサービス「Swipp」に売ると決めたと報告した。

「Paii」の会長フレミング・ジェンソン(Paii’s chairman Flemming Jenson)は、この決定を説明し、オペレータ-のTDC、Telenor、Teliaおよび3は、「支払いが、銀行に向いているのと同じ方法でテレコミュニケーション会社の中心的なビジネスではないという結論に来た。」と言った。

これまでとは、まったく異なる逆転的結論と言える。
いくつかの銀行は、これを望んでいるが、それで携帯電話事業者は成り立つのだろうか?
また、独占状態になり、競合がなくなり、手数料で管理され、結果として顧客の損になるのではないだろうか?

「Swipp」は、新しいアプリを、両方のサービスと申し出から最もよいテクノロジーを、オンラインとオフライン、およびP2P支払いで合併して、2015年に乗り出させることを計画する。

北欧の銀行が、地方銀行とNykreditのその協会だけでなく地方銀行のNordeaと国の協会を送ることによって所有している「Swipp」の常務取締役マーティン・アンデルセンは、私達の知識を結合して、両方の銀行とテレコミュニケーション会社、私達からの経験とスキルは、デンマークでのモバイル支払いを拡張するために、ユニークなポジションを得る。トレーダーはより大きい顧客ベースにアクセスできて、消費者は、電話によって支払うずっと多くの機会を得る。」と言った。

デンマークのm-pay市場のリーダーはデンマーク銀行(Danske Bank)のMobilePayであり、ナンバー2の「Paii」とナンバー3の「Swipp」であった。

「Swipp」の次の動きは同様に攻撃的で、ローカルなビジネス新聞Børsen Finansによると、それは次の2年でMobilePayを取得したい。

つまり、デンマーク市場の一本化、完全統合、完全独占を狙っている。

そう言えば、素人のソニー銀行なども、大して成功していない。