2014-11-25

中国のクレジットカードの巨人は支払いappを計画。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、クレジットカード決済のための中国政府所有されている中国の銀行間決済ネットワークを運営する中国銀聯(China UnionPay/チャイナ・ユニオンペイ)が伝えらたところでは、他の間で、Alipayユニットから競合する脅威の進路を阻む動きにおいて、2015年の終末過程にアンドロイド支払いアプリをスタートすることを計画していると報告した。

国営企業がAlibabaのマー君に恐怖と不安を感じた。
急速に変化し続けるモバイル・マネーの世界で古い考えは、巨大企業も先へ道を無くす。

Marketwatchによると、どれが多くのローカルなメディアアウトレットを引用し、アプリはまだ開発の下にあるけれども、来年の市場の第3四半期を打つことを期待している。

アプリは、多少明らかに、Android Payと呼ばれる。

カード会社は、アプリをそれらの機器に含むことについての主要なベンダCoolpadとレノボ(Lenovo)に連絡した。

Google Walletではない。
UnionPayは、Google Walletを切った!

Huawei、Xiaomi他。サムスンなどのベンダーは切られたのか?

CoolPad副社長曹金生(Cao Jingsheng)によると、UnionPayは最低1ヶ月前Coolpadによって話を開始し、イニシアチブで「まったくアクティブである」と言った。
会社のハイエンドの電話のうちの1つは、来年Android Pay appをサポートすると、彼は言った。

その支払い戦略への別の足において、UnionpayがApple Payによって働いている。
それは、2015年3月に中国のそのNFC-ベースの支払いサービスを初演することができる。

さらに、中国の消費者は、今や、UnionPayクレジットとデビット・カードを使ってアプリ店の購入品を作ることができる。

UnionPayは、中国のクレジットとデビット・カードの発行の上のバーチャルな独占を持っている。

中国で、モバイルペンイメントが本格化することになった。

そしてそれは、Apple PayとAndroid Payになる。
それがいつモバイル・マネーにアップグレードするか>興味深い。

2014-11-17---中国のUnionpayは、アップルのApp Storeでオープン。
2014-11-06---レノボは世界で3番目のスマートフォン・ベンダーになった。
2014-10-27---中国のAlibabaとアップルはペイメント協力について協議中。
2014-09-19---アップルは、m-paymentsで中国の中国銀聯と提携。
2014-08-28---中国のモバイルペンイメントの巨人Alipayが、小売り店を提示。
2014-08-05---Xiaomiは中国のトップ・スマートフォン・ベンダー。
2014-02-18---上海FTZは、貿易に対する境界を越えた「元」の支払いを5社に許可。
2014-02-10---Alipayはモバイルペンイメント市場でPayPalを追い抜いた。
2013-08-15---レノボは、スマートフォンとタブレットの販売によって押し上げられた。
2013-07-22---中国銀聯は、モバイル財布に続いて、消費者ペイメント・デバイスを開始。
2013-07-15---中国銀聯はモバイル財布を始める。
2013-07-09---サムスンの「成長神話」終焉か?
2011-11-24---中国のプラスチック・マネー「銀行カード」が28億枚突破!
2011-11-16---北京で2011年10月にカ−ド利用者が37%増で、79億6000万元になった。
2011-10-13---年内に韓国で、ロッテカードが「銀聯」を発行。
2011-10-12---中国のモバイルペンイメント・コンシューマーが年末に2億3000万を超える!
2011-04-09---「金」しか信用しなかった中国人が、プラスチック・マネーを信頼?
2011-02-09---中国のカード保有者消費信頼感指数が低下した!
2011-01-04---中国版デビットカード「銀聯カード」、正月三が日の取引額が前年比4割増。
2010-09-30---中国でモバイル決済業が急成長。
2010-08-09---中国で、個人経営の通販サイトが1200万店になった。