2014-11-25

Telenorもミャンマーで、モバイルバンキングを計画。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Telenorミャンマーは、人口のほんの6%だけが銀行預金口座を持っている国の基本的なモバイル・サービスを提供することを目標として、モバイル・バンキングを提供するために、Yoma銀行組むと報告した。

動きは、ヤンゴンのTelenorモバイル・サービスの開始単に1ヶ月後に来て、ちょうど1日の首都の100万のSIMsを「リリースした」と主張した。

それらが高い固定費を持っているので、TelenorミャンマーのCEOペッテル・フルバーグ(Telenor Myanmar CEO Petter Furberg)は、ミャンマー時に、普通、銀行が貴重な顧客を中心に行うと言った。
しかし、Telenorは、「ピラミッドと仕事の底で、一般にコストが高すぎるので銀行により提供されないセグメントを提供して上位に出発しなさい。」ことを望んでいる。

Telenorは、国のその広い流通網を、振替サービスの広大な知識と結び付けられたYomaによって設立されたブランド名と結合すると、ペッテル・フルバーグは言った。

ただし、6%だけが銀行預金口座を持っている国で、Yomaのブランド名効果は期待できるのだろうか?

2社は、すでに、労働者を雇用し、ITインフラストラクチャーを設定し始めていたけれど、それらはミャンマー中央銀行(the Central Bank of Myanmar)ga待っている現在のガイドラインが全然ないで従うために、それらがどんな種類の規則を持つかに光を当てる。

Yoma銀行のチェアーでCEOのセルジュ・プン(Yoma Bank chair and CEO Serge Pun)によると、そこはたぶん、トランザクション・サイズの限界US$500である必要がある。

銀行で導かれたモバイル・バンキングは、ミャンマーで、すでに、ミャンマー・モバイル・マネー(Myanmar Mobile Money)から提供されたサービスなど入手可能である。
どんな役員が過去に言ったかに基づき、政府は、その上で、ノンバンクに導かれたモバイルペンイメント・ライセンスをスタートしようとしている、規則はすでにレイアウトされていた。

ペッテル・フルバーグは、顧客が、コードを生成する店からお金のレシーバーに量を買うモデルを想像する。
レシーバーは、その時、それらのローカルな参加店に、それらがSMSを経て受け取ることができたコードを示し、量を現金で受け取る。

「私に、それへの本質は、まさしくその低価格で非常に少ない少量で換金し、現金化する能力である.」ペッテル・フルバーグ説明した。

彼は、Telenorがそのアジアの操作を横切るモバイル/バンキング操作を設定すると付け加えた。

ミャンマーは、モバイル・マネーの戦場になるようだが、KDDIは対応できるのか?
高齢の支社長では対応できないだろう。
30歳代の支社長に決裁権が与えられるだろうか?

2014-11-05---GSMAは、モバイル・マネー供給者のための行動規範を開始。
2014-11-03---TelenorはノルウェーでモバイルペンイメントApp「Valyou」を始めた。
2014-10-16---TelenorのEasypaisaは、月間600万人を引きつけた。
2014-09-11---Telenorは、セルビアでモバイル・バンキングを最初に始めた。
2014-07-16---KDDIは、ミャンマーの市場に参入するために取り引きを締結。
2014-07-02---Telenorはパキスタンでキャリアー・ビリングを提示。
2014-01-30---ビルマは初めて、全国版モバイル・マネー・サービスを開始。
2014-01-13---KDDI、住友は、ミャンマーの開発で相互協力。