2014-11-29

スイスの「Ecopop」国民投票は、大きな移住者カットを要求。

経済性とメディア

BBC Newsは、スイスの有権者は、移住を制限する提案の9ヶ月で2度目の投票をするために、日曜日に投票に行くと報告した。

去年の2月に、スイス人は、かろうじて、人々方針のEU(European Union/欧州連合)の自由な動きを脱退する効果において、EU市民のための移入民割当制を再導入する計画をバックさせた。

しかし、 自由な動きを維持することに依存するブリュッセルによって全体の一連の経済的な生活の貿易協約を持っているEUメンバーではない間で、スイス政府が まだ、2月の票を実施するための方法を見つけていなかった。

スイスの右の間の何人かの批評家が、有権者の希望をひどく取らないこと、および移住に寛大であることの政府を告発した。

日曜日の国民投票においてテストされる新しい提案はずっと役に立つ。

「Ecopop」と呼ばれるそれは、新しい移民を約16,000人に効果的に制限して、全体の人口のちょうど0.2%まで移住をスイスで減らす。現在の小数部 80,000と評価した 。

そして、異常なツイストにおいて、提案は、また、開発途上国のプロジェクトを家族計画することに使われるスイスの海外の援助予算の10%を呼びかける。

提案は、ベンノ・ベーラー(Benno Buehler)の頭脳の産物で、スイスの40歳「Ecopop」動きのサポーターである。
それは、環境保護をコントロール人口増加と結び付けることに努める。

「スイスは、例えば、および約5倍速く、上で全体としてのヨーロッパのコミュニティよりUKより約50%速く過去の7年を育てた」と、ベンノ・ベーラーは言う。

「このスピードで、私達は基本的に、インドのレベルにいる。これは持続可能ではない。」ベンノ・ベーラーはスイスの資源の疑わしい緊張を要求する 第一に、人口増加の障害である 。

従って、1つのカップル方針あたり1つの中国スタイル1人の子供が適切であるか?

スイスのためにNotで、人口増加が、子供を持っているスイスの市民にnotで支払われるべきなので、ベンノ・ベーラーが言うけれども、入る移民に問題がある。

彼は言う。
彼の計画は労働不足を起こさないけれども、代わりに、スイスが最もよい熟練労働者に穴をあけて、世界でどこからでも選ぶことを可能にする。

そして、発展世界の産児調節に投資する平行した提案がであること、彼がどうしてもと言うこと、国連自身が支持する方針。

「UNのアジェンダ21、パラグラフ531において述べられて、すべての国が、その持続可能性ゴールと一列に並んである人口方針を定義する必要がある」と彼は説明する。

「もしたとえあなたが人口増加の貧しい国ソースをどのように見てもはっきりと肥沃さであるならば、人口の速い成長のキーソースがスイスのために移住である、後に、私達はそれを制限する必要がある。」

しかし、「Ecopop」が、ある点で環境であるという提案は、スイスの緑色の動きの間の怒りを起こした。

提案に対するデモンストレーションの時に、緑の党サポーターであるニールスクルーゼ(Green Party supporter Niels Kruse)が「Ecopop」を提案したのは、スケープゴートにスイス人を除いた誰も自身で単に試したアイデアであった。

「スイスが発達し、それを否定することができない」と彼は認めた。

「けれども ボートがまだいっぱいではない 。真実はであり、私達および私達のライフスタイルは、環境の問題を起こす。従って、私達は、一定のグループまたは一定の人々を指し示さずに私達の国内でそれらを解決する必要がある。」

彼の、家族計画アイデアが「新植民地主義」の風味を持つ。

「実のところ、私達が環境汚染の80%を起こす時には、あなたが非常に多くの子供を持っていると言うことが、私達の役割ではない。」

スイスの財界の指導者のために、E「Ecopop」はそれらの最も悪い悪夢の材料のようである。

それは人々のEUの自由の動きに参加して以来、スイスの経済が繁栄する。失業は低く、多くのビジネスは拡大し、新メンバーを募集している。

それは、スイス商業組合(Economiesuisse)が、「Ecopop」にキャンペーンをしているお金でたくさん費やしている理由である。

協会の主たるエコノミストであるルドルフ・ミンシュ(Rudolf Minsch)は、提案を、スイスと開発途上国を助けない「不消化の調合」と呼んだ。

協会のWebサイトのための論説において、ルドルフ・ミンシュは、移住においてそんなに多く削減することは、スイスの経済発展を「締めつける」と主張する間に、アフリカの「コンドームを分配する」「けれども学校またはインフラストラクチャーに投資しないこと」がどのような有益な効果でありそうにない。

驚くべきパートナーシップにおいて、スイスの労働組合は、「Ecopop」を破るために、大企業のそばで従軍した。

自由な動きを捨てる組合恐怖のため、季節の仕事の時代は帰ることができた。
その時ヨーロッパの至る所からの人は一時的な基礎に募集された。
彼らは、向こう 町 およびそれらとファミリーメンバーを持って来るために許されなかったというバラックに住んでいた。

季節の労働者は、その莫大な高山トンネルへのその自動車道路からスイスのキーインフラストラクチャーのうちのいくらかを築いた。
しかし、仕事が終えられるとすぐに、それらは家に送り返された。

それらは、現在自由な動きの下の外国の労働者により楽しまれた権利を拒否し、スイスの労働組合員コリン・シェーラー(Corinne Schaerer)は、その時代に戻るとは、21世紀のスイスが無価値であると信じる。

「それをできる限り安くし、労働をできる限り安くするために、すべてのギアが高速にされた」と、彼女は言う。

「それは、私達が、するために帰りたくない状態である。スイスは移住なしで存在せず、私達の全体の経済と国は、移住において築かれる。」

最新の世論調査により2つの物が示される-スイス人は移住について非常に心配しているけれども、「Ecopop」はほとんどの有権者のために非常に遠くにステップであるかもしれない。

ベンノ・ベーラーは、この時投票箱で彼のビジョンが破られうると知っているけれども、彼は、まだ、その時間が来ることを確信している。

「すべての物質的な成長はある日にやむ。問題はであり、時は意志を停止し、およびどのように意志はそれを停止するだけで、結果は何であるか。」といっている。

似たジレンマは、日本も起こることだろう。

絶対労働力不足が来るので、日本はロボットかを実現しているが、それではすべてが解決できない。

といって、人工があまっている中国やインドから、養子を輸入するか?

2014-02-10---スイスの国民投票は、EUの合意であった移動の自由を無効にした。
2014-02-08---ヨーロッパはスイス国民投票の移住投票を監視している。
2013-11-24---スイスの有権者は、役員報酬の制限法の国民投票に「no」と言った。
2013-11-22---スイスの有権者は役員報酬拘束について、国民投票で採決。
2013-09-22---スイス国民投票投票者は、軍隊徴兵を維持。
2013-08-26---チューリッヒにできた、売春婦のための特別セックス・ゾーン。
2013-08-19---亡命者を分離するスイスの政策は憤慨を引き寄せた。
2013-08-19---スイスは、北朝鮮へのスキーリフト販売を停止した!
2013-08-18---アルペン・ホルン奏者は、山頂で世界記録を作った。
2013-08-02---スイスは、国歌が古すぎるので、2014年に新しい国家競争を始める!
2013-07-19---19世紀に作られたスイスの駅を33m移動。
2013-07-18---伝説のロック歌手ティナ・ターナーがスイスで、長年の色男と結婚。
2013-06-22---スイスからニューヨークへのジェットで、US$120万が消えた。
2013-06-13---ジュネーブ、「クラブサンド指数」世界一。
2013-04-14---ストラディヴァリ木:「完全な音楽の木」を探索すること。
2013-03-03---スイスの有権者は、株主の役員報酬に対するタフな制限を承認。
2013-02-27---銃の所有が最も高いスイスで、作業場所射撃により3人が殺された。
2013-02-11---銃の所有が最も高いスイス。
2013-02-04---あのプライドが高いスイスの鉄道が、酸っぱくなります。
2013-01-04---スイスで最も古い銀行は、米国脱税の後に倒産した。
2012-12-20---スイスのUBS、香港調査に直面!海外銀行の金融やくざえを追え!