2014-11-29

台湾首相江宜樺は、選挙での大敗で辞任。

政治経済

BBC Newsは、台湾首相江宜樺(Jiang Yi-huah)は、親中国党が苦しんで、大敗した責任を取って辞任したと報告した。

完全与党であったKMT(Kuomintang party/国民党党)は、市長のオフィスを首都台北に含めていて国中のいたるところで地区のコントロールを失ったようである。

土曜日の投票は中国との関係での国民投票と広く考えられてきた。

KMTサポーターは中国とよい関係に賛成を主張した。
中国は、台湾を、見捨てている州とみなしている。

米国同盟国という近い中国と台湾は、1949年に内戦の終わり以来別々に支配されている。

江宜樺はレポーターに、失敗についての責任を取るために、彼が降りたと言った。

より後、KMT会長でもある馬英九総統(President Ma Ying-jeou)は、サポーターに「誰もがっかりさせたことについて」謝罪した。

「私はこれらの選挙を経て、人々のメッセージ送信を受け取った」と、馬総統は記者会見で言った。
「それは私の責任であり、私は、誰の要求にも対処する党改革計画を迅速に提供する。私は責任を避けない。」と言った。

首都のレースは、馬総統の親中国方針のテストとして特定の注意によって見られた。

結局、独立した反対に後援された候補柯文哲(Ko Wen-je)は、KMTのショーン・リエンに対する勝利を主張した。

連勝文は、彼の厳粛直面しているサポーターとともに失敗において公然と謝罪した。
「私達は柯文哲を祝う」と、彼は彼の敗北宣言において言った。
「私は、この選挙に勝たなかったことが残念である。」

林文智(Lin Wen-chih)は、柯文哲に賛成の投票をした映画製作者はAP通信に「私達は警告を国家主義者[KMT]に送りたい。台湾は独立国である。私達は、国家主義者[中国]に、と平らげられるこでそれを持っている手段を取ってほしくない。」

投票するために、1800万人を超える適格な有権者が登録された。それらは、11,000を超えるポジションのため20,000人の候補者の中から選んだ。

何人かの有権者が恐れていることは、もしKMTが、中国で強いつながりを組み立て続けることを許されるなら、台湾が、本土に非常に経済的に依存し、ある日に再統合するために、そのプレッシャーに対して脆弱であると、BBCのシンディ・スイは台北から報告した 。

彼らがKMTを疑う取引が、北京とサインしたかどうかを問わず台湾に良いと、私達の特派員は言う。

KMTサポーターは、一方で、島の病弱経済に新しいライフを吸うために、台湾にその最も大きい貿易相手国によってよい関係が必要であると考えている。

彼らは、DPP(Democratic Progressive Party民主進歩党)が中国との関係および台湾の経済を後退に起こすかもしれない反対によって勝利を恐れたと、BBCの特派員は言っている。

DPPは、中国、北京が強く反対する何かから台湾のフォーマルな独立心をサポートする。

2016年に、台湾はより重要な大統領、および立法上の投票を行う。

台湾は1980年代遅くに、野党候補者と普通選挙権によって、本当に民主主義の選挙を許しはじめた。

2014-11-29---台湾選挙!中国のポリシーを占う。
2014-11-25---中国の観光客は、台湾の民主的選挙を見るために集まる。
2014-11-09---建造開始から70年以上がすぎた現役の潜水艦。
2014-10-27---中国は、死刑の対象となる犯罪55種類があり、それを46種類にする。
2014-10-12---香港の最高行政官は、抗議で中国は動かないだろうと言った。
2014-09-18---台湾は、食物スキャンダルに対するよりタフな罰を課した。
2014-08-27---中国の子どもが文字を書けなくなる場合。
2014-08-25---中国の2機の軍用機が、台湾領空を侵犯。
2014-06-26---若い台湾人の就職先は、中国本土にある。
2014-04-03---なぜ、台湾の不法なイルカ肉取引は繁栄するか!?
2014-03-30---台湾の集団デモ行動は、中国貿易取り引きを台湾で保持。
2014-03-24---台湾の学生と警察が、激突!
2014-03-18---台湾国会を学生らが占拠。
2014-03-10---2013年の刑事裁判で、有罪率が99.93%の中国に、裁判が必要か?
2014-02-11---史上初めて、中国と台湾の政府会議が開催された。
2011-05-22---中国语と中國語、中国と台湾で初の共同辞書!?
2010-10-07---台湾の珍しい姓「神父」、太っていない「胖(デブ)」
2012-09-25---台湾の中国最前線の島、馬祖は賭博のリゾートになる。
2012-08-10---中国と台湾は不仲だが、ビジネスは別!