2014-11-29

イギリスで捨てられた大邸宅。

美容と医学の科学経済

BBC Newsは、貴族や輝かしい履歴を呼び起こし、現在は空き家である科、または捨てられた大邸宅がイギリスには多くある。

これらの印象的な建物は寂しく、孤独に見えるかもしれないけれども、すべての大邸宅の背景には物語があると報告した。

そう言えば、イギリスで有名な吸血鬼や狼男などの映画には、このような廃墟が多く登場している。

実は、日本にも大都会のど真ん中に、そのような大邸宅が多く残っている。以前、ある雑誌で取材したこともある。
どこか、薄気味悪かった。

*ウィガンのウィンスタンリーにあるウィンスタンリー・ホール(Winstanley Hall in Winstanley, Wigan)は、現在72歳のシエラ・ガンマーソン(Shiela Gummerson)がそのオーナーで、バンクスファミリー(Bankes family)のために彼女の両親が働いたウィンスタンリーホールのグラウンドに住んで、彼女の幼年期の多くを費やした。
「それは私自身の個人的なダウンタウン寺院であった」と、彼女は言った。「私達は階下にいて、バンクスファミリーは2階であった。」
女王エリザベス1世(Queen Elizabeth I)の治世へのホールとして、1595年以来バンクスファミリーの家であった。
シエラ・ガンマーソンは、1942年から1969年まで、彼女の父フレデリック・パーカー(Frederick Parker,)がそれらの運転手であり、彼女の母サラ(Sarah)がそれらのコックとして、グラウンドの小別荘に住んでいた。
「私達はバンクスファミリーに、よく仕え続けた。毎年、彼らは、来て、ホールの外で成長するラッパスイセン(daffodils)を買うために彼らがローカルな人々を招待する春に1年あたりラッパスイセンの日(daffodil day)を1回行っていた。母は、イーストロールパン(yeast buns)を調理し、それらをローカルに売ったものであった。」
彼女は、彼女が27歳で結婚した時まで、そこに住んでいた。未亡人であった彼女の母は、小別荘を2年遅く放置していた。
バンクスファミリーの最後のメンバーは1984年に家を出て、以来建物は破損状態に陥った。それは2000年に開発者に売られて、保存英国の遺産は、それを腐敗から救うために、現在働いている。
シエラ・ガンマーソンがノスタルジックなメモリーをホールに持っている間、彼女は1978年以来引き返していない。
「私は自身にそうさせることができない」と、彼女は言った。「現在と私が、そんなに混乱するように、私は、インターネットで、それが思われるものを見ることができる。」

*グロースターシャーのニンプスフィールド近くのウッドチェスター大邸宅(Woodchester Mansion, near Nympsfield, Gloucestershire)は、数十年間の使用の後にほとんどの大邸宅が破損状態に陥る間、ウッドチェスター大邸宅は決して実際使われなかった。建築は1850年代に始まったが、1873年に捨てられた。
噂によると、フランスの左官は、キッチンで殴られ死んだことから怖がられていた。不動産管理人ハンナ・マッカンリス(Hannah McCanlis)によると、しかし、その放棄のよりありそうな説明は、£10,000抵当を取り出した後に、オーナーであったウィリアム・リー(William Leigh)がお金を使い果たしたことである。
アンドリュー・フライ(Andrew Fryer)は管理人として1994年から2011年まで大邸宅で生活していた。最初の10年の間、彼はサニフロ・トイレ(Saniflo toilet)によって1階の1つの部屋に住んでいた。
「いつも不可思議な事が起こった。誰も中で与えられなかったエリアから来るノイズがった。」と、彼は言った。
現在空にあるにもかかわらず、ウッドチェスター大邸宅は何人かの異常な居住者を持っている。それは5種類のコウモリが住んでいる。コウモリ植民地、より小さい蹄鉄、およびより大きい蹄鉄のうちの2つ 大邸宅の屋根裏でライブがある 。
全体の大邸宅は不完全さの種々の州に残されるけれども、彫られた石細工は、国のベストのうちのいくらかであると、ハンナ・マッカンリスは言った。
ウッドチェスター大邸宅は毎年、現在約6,000人の訪問者を引き付けて、4月から10月の間の1週あたり6日開いている。
つまり、有名なお化け屋敷であった。
やはり登場した、イギリスのミステリー・ゾーンとしての廃墟。

*ウースターシャーのウィッツリー裁判所(Witley Court in Worcestershire)
現在、ウィッツリー裁判所は大きく、印象的な廃墟であるけれども、100年前には、それは見せ物の条件にあった。
豊かな産業経営者ハーバート・スミス卿(Sir Herbert Smith)は1920年にその家を買い、彼が不在の間1937年9月の間破壊的な火が突発するまで、17年の間そこに住んでいた。
火炎は家の南東コーナーの地階のパン店から始まった。強い風によりあおがれて、火は主要な部屋に急速に広がり、中心部と東のセクションの中身を完全に燃やした。
イングリッシュヘリテッジ(English Heritage)によると、保険金は再構築のコストの複数の4分の1の代金しか払わない。
従って、ハーバート卿は、地所を去ると決めて、それは1938年以来空き屋である。
イングリッシュヘリテッジは南の庭を復元した。これに加えて、ウルフソン財団(Wolfson Foundation)の出資によって、東花壇庭園庭の主要な復元作品が援助された。
法廷の曲げられた翼の後ろのサービス中庭は、「キッチン法廷(kitchen court)」、または「後ろの法廷(back court")」として知られていた。
使用人と商人は、家にこの方法でアクセスする。

*デボンのエクセターの近くのポルチモアの家(Poltimore House, near Exeter in Devon)は、16世紀にまでさかのぼるポルチモア家の日付と1921年に、女の子学校のためのポルチモア大学であった。その前の5世紀間は、バンフィルド・ファミリー(Bampfylde family)の家であった。
しかし、火災は1987年に前者の舞踏室翼を破壊し、それは、破壊行為、窃盗、および悪い天候の効果に以来落ちた。
1945年に彼女の両親が112エーカー地所を買った時には、現在90歳のジョスリン・ヘミング(Jocelyn Hemming)が21歳であった。
家が病院に改造される間、ファミリーは1階の2つの部屋に住んでいた。
彼女は現在ポルチモア家信頼のメンバーである。それを復元するという2000年と希望以来、サイトの世話をしている。
「私は、家を行かせたくない」と、彼女は言った。「それにはたくさんの柔らかい愛情深い世話とお金が必要である。」
「しかし、私の両親はその場所を本当に愛し、私は、彼らが、私達がその世話をしていたと思いたいと知っている。」

*ランカシャーのブレセルトンの銀行ホール(Bank Hall in Bretherton, Lancashire)は、17世紀にまでさかのぼる銀行ホールは、第2次世界大戦の間に軍隊の本部として使われた。
イギリス陸軍工兵隊( Royal Engineers)は、マーチャントの出荷の車隊(convoys of merchant shipping)と、大西洋横断の交差を調整するためのベースとしてそれを使い、旅の間でそこの役員も宿割りした。
グレードII-リスト田舎の邸宅(The Grade II-listed country house)は1608年に建てられたけれども、1960年代初期以来それが空である。また銀行ホール行動グループにより、「破壊者の慈悲」から、それを保存することを望んでいる。
グループの女性議長ジャネット・エドワーズ(Janet Edwards)は、彼女が10歳であったとき、グループが、それを保存するための16年キャンペーンを動かして以来、彼女が建物により魅了されていたと言った。
「それは、それらの右の精神の誰も引き受けないプロジェクトであるけれども、そのスペルは、それの下から立ち去りづらい」と、彼女は言った。
2月に、銀行ホールが遺産宝くじ資金から復元プロジェクトのための£69万を受け取ることが発表された。
計画同意は、一般に、公的な展示会とツアーのために見込みタワーが開く間ホールを一連のアパートに変えるために、適所にある。

イギリスでは、よほど意味がないと保存に資金を国が提供しない。

とくにイギリスは、どこを彫っても人骨が出てくるほど、多くの歴史の宝庫であり、それらをすべて保存すると現代人が都会に住めなくなる。

ロンドンでは、アパートの値段と地方のお城が、ほぼ同価格になっている。

形あるものは、壊れる。私は、ほとんどのものは、再利用できなければ壊してしまう方が合理的であると言う考えである。

少し長い目で見れば、無駄である。

とくに、日本の洋館建ては、成金や明治のどさくさに貴族になった人達が作ったもので、さほど重要ではないので、犬山の明治村に移築するか壊すべきだろう。

ドイツやフランスなどには、多くのお城が残っているが、冬は寒くて住めたものではない。住めるようにするには、巨額が必要で、多くが放置されている。

2014-11-08---ロンドンの住宅価格は正気ではない。
2014-11-16---ロンドンのアンダーグラウンドの世界。
2012-06-26---イギリスで、何千もの死者を掘り返している!