2014-11-26

殺人者と認定される灰色アザラシは、人間を襲う可能性もある。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、オランダの沿岸の研究により、ミステリーであった、ネズミイルカ(porpoises)死で、灰色アザラシ(Grey seals)は、明らかにされる 魚を食べることから、哺乳動物を食うことに切り替えていたと報告した。

オランダ沿岸の港で多くネズミイルカの原因は、以前に未知で、議論したけれども、長さ8年間の研究は、灰色アザラシは「新しい計略」として、それらを餌食にしていることを「知って」終わった。

英国学士院Bのジャーナル議事録( journal Proceedings of the Royal Society B)で出版されたレポートの作者は、その上、それらが人を攻撃しないと思う理由が全然ないと言った。

噛み傷のためのDNA分析を用いることによって、オランダのチームが、オランダの海岸線に沿って2003から20013までに座礁し、見つけられた1,081匹のネズミイルカの721を調査して、約5頭の1頭がアザラシにより殺された。それは、釣り道具で殺されるそばでアザラシをオランダの港ネズミイルカ死の主要な原因にした。

「これは新しい行動である。それらは普通、魚食う動物であり、彼らは大きい魚、約0.5mを食べることができる。それは、魚食べることから哺乳動物を食うことにスイッチである。私は、それが下の魚株を暗示し、彼らが新しい計略を学んだばかりで、研究を導いたマーデスク" Fレオポルド(Mardisk F Leopold)がガーディアンに信じられなかったと言った。

「それらが非常に社交的であること、およびそれらがハンティングを起こしに行き、それらがそれを一人でする時。 従って、それが驚かせていた。それらはこの行動を他に転送できる。それはちょうど1頭のアザラシだけではない。これはどこでも、オランダの沿岸に沿って生息している。」と言っている。

アザラシはオランダで、サメのように人を襲うかもしれないと警告している。

2006年から大きい方法で始まった行動が、北のヨーロッパの他のアザラシにより折り返されないと思う理由が全然なかった。
「私達は、『オランダ』のアザラシと『イギリス』または『スコットランド』のアザラシの間に交換があると知っている。従って、この行動の拡散に十分な機会がある。」

オランダだけではない!

ネズミイルカは、健康で、太っている少年のような獲物として、それらの脂肪のためのアザラシによりターゲットとされる。
科学者は、ネズミイルカが、やつれ、それらの死の別の主要な原因のため死んで、これがそれらを危険にさらすけれども、よりやせている。またより速い泳者になることによってアザラシにより食べられる脅威に順応するかどうかを思索する。

レポートはは終わりに、ネズミイルカの多くは、泳者により使われたビーチに見つけられて、サーファーと提案する なぜ 「人は灰色アザラシ攻撃からリスクにいないかもしれない。」という 証拠が全然なかった。

レオポルドは言った。北ヨーロッパにアザラシで人の事件のリポートがあったけれども、死亡事故は起こっていない。「攻撃はたぶん、人々が、泳ぐ間噛まれた。私は、引き起こされなかった攻撃があったと思わない。」と言っている。