2014-11-26

お金についての10のスコットランドのことわざ。

言語モバイル・マネー銀行

スコットランドの新聞Scotsmanは、お金を管理するときに、それぞれの世代のスコットランド人を通過した言葉のうちのいくつかは、ことわざとして、現在も残っていると報告した。

ただし、スコットランド語が混じっているので、判らない単語が多発して、誤訳も多いことだろう。

耳が聞こえない人はカチンと鳴る音o’お金と聞く。(A deaf man will hear the clink o’ money)---お金の魅力を強調することわざ。

あなたができることをしなさい。もちもので、あなたここで、豊かになるための方法である。(Get what you can, and keep what you hae, that’s the way to get rich)---あなた自身の個人貯蓄と支出を調節する簡単なことわざ

彼女より彼女の新婦の持参金を改良しなさい。(Better a tocher in her than wi’ her)---新婦の持参金が女性の才能であり、この発言は、それが、たくさんのお金を持っているより、女性がよい品を持っていることがより良かったことを示唆している。

食べられた肉は、支払いのために病気になる。(Eaten meat is ill to pay)---誰も、すでに消費されていた何かの代金を払うことが好きではない。

あなたのおなかに、あなたが勝つようにしなさい。(Lay your wame to your winning---あなたの儲けるほど、多く消費しない警告。

貧しく生きていることは愚行である。豊かにする。(It’s folly to live poor and dee rich)---大きい金額によって生活に対して非常につましくすることを警告し、dieingすることわざは密航した

Moyenは魚を叩き殺す棍棒をするけれども、moyenはさらに役立つ。(Moyen does muckle, but moyen does mair)---影響はたくさんすることができるけれども、お金はいっそう強力である

富ダツウィット揺れ(Wealth gars wit waver)---お金が関係する時には、人々はそれらの常識を失う傾向がある。

2ペニーを財布に入れなさい。それらはthigitherをぞっとさせる(Put twa pennies in a purse and they will creep thigither)---もしあなたがそれを保存するならばどのようにすぐお金が蓄積するかを示すことわざ。

彼はgudeケール・パットで、彼の鼻を適切に得た(He’s got his nose in a gude kail pat)---富に嫁いだ人で言われるよいスープポットの彼の頭のために彼が取ってきた方法。

これは、スコティッシュにしか判らないお金に関する暗号である。

スコットランド人の友人と飲み屋に行くと、こんな言葉が飛び交い。さっぱり理解できない。

文学部の先生に聞いてください。

私には中世ラテン語の方が理解できる。