2014-11-25

中国は始めて、全国的な家庭内暴力禁止法のドラフトを作った。

性とメディア

BBC Newsは、中国は、家庭内暴力禁止の主要なステップとして、前に運動家により認められた動きに対するその最初の全国的な法律のドラフトを作ったと報告した。

新しい請求書は家庭内暴力を初めて定義し、申し出は、規制の案内をクリアする。

活動家は動きを歓迎したが、法律が十分に役に立たないと言った。

中国のメディアによると、結婚する中国人女性、または関係の約40%は、乱用を被った。

家庭内虐待は、問題のスケールにもかかわらず、長い間中国の私的な問題と考えられたと北京のBBCのマーティン・パティエンス(Martin Patience)が言っている 。

2001年にだけ、物質的な乱用は離婚のための基本になった。

法律はまだ、議会による承認を必要とする、正式に定義する家庭内暴力など手段権利グループは、長い時間の主張を導入する。

法律の用語の定義なしで、犠牲者は、裁判官に主張することが難しいことを発見した。

被害者の保護はどうなっているのだろう。
あからさまに、すべてを打ち明けることは、被害者にとって屈辱的であることが多い。

新しい法律は、警察が現在家庭内暴力のリポートに反応しなければならず、法廷は、制限命令に支配するために、2日を持つと言っている。

ベテランの女性の権利支持者で、北京紅楓女性心理カウンセリングセンター(北京红枫妇女心理咨询服务中心/红枫妇女心理咨询中心/Maple Women's Psychological Counselling Center Beijing)の侯志明(Hou Zhiming,)は、AFPに、彼女が、法律が制定されるのを見る「非常に満足である」と言った。

「 数年間、私達は、犠牲者を助けるために、何度も無力であると自身で感じていた。」

しかし、ドラフト法律が、未婚と離婚されたカップルを除くので、何人かの運動家が心配していると伝えている。

王行娟---北京红枫妇女心理咨询服务中心名誉理事长
卢小飞理事长---北京红枫妇女心理咨询服务中心理事长、中国妇女报社原总编辑
律师李莹---著名公益律师
冯媛---妇女研究会理事