2014-11-26

美術館の化石から、新種の角がある恐竜を発見。

超過去

BBC Newsは、角がある恐竜の新しい種は、75年間カナダの美術館に保持された化石から識別されたと報告した。

化石は、以前に、種々の恐竜グループに属していることとして分類された。

しかし、バース大学からのニック・ロングリッチ(Nick Longrich, from the University of Bath)は、それらが南西米国からの恐竜と密接に似ていると気付いた。

彼は、化石が恐竜ペンタケラトプス(plant-eater Triceratops)の新しい種を表していると言う。おなじみの角がある草食のトリケラトプスのより小さいいとこと言える。

研究の詳細はジャーナル白亜質研究(journal Cretaceous Research)に掲載された。

The horned dinosaurs Pentaceratops and Kosmoceratops from the upper Campanian of Alberta and implications for dinosaur biogeography
Nicholas R. Longrich

Cretaceous Research
Volume 51, September 2014, Pages 292–308

doi:10.1016/j.cretres.2014.06.011
Department of Biology and Biochemistry, University of Bath, Claverton Down, Bath, United Kingdom
Received 23 September 2013,
Accepted 25 June 2014,
Available online 5 August 2014

『未発見の恐竜』
雑誌は、その新しい名前ペンタケラトプス・アクイロニウス(Pentaceratops aquilonius)を含む動物のフォーマルな説明を含んでいる。

約7500万年前から住んでいたのは、水牛サイズの草食であった。

ニック・ロングリッチ博士は、美術館のコレクション内で押さえられた別の角状の恐竜も調べた。

恐竜発掘は、フィールドワークだけではない。
博物館や、ホテルや銀行などの古い建物で使われた大理石でもできる。

以前、沖縄の那覇にある全日空ホテルで子供と一緒に化石探検をしていたら、ホテルの人は誰も気が付いていないで、説明したらびっくりしていた。

こう言うときの日本人の反応は。「嘘!」というので、『私は嘘は言いません。」と言って、数個のアンモナイトの化石を指で示したことがある。

そこに恐竜の化石があっても気が付かないことだろう。

彼は、それが、コスモセラトプス(Kosmoceratops)の新しい種で、以前にユタのサイトに発見された飾り立てた頭蓋骨の恐竜であると考えている。

「私達は、種のほとんどを発見したと思ったけれども、そこで思われている 多くの未発見の恐竜である。 」とニック・ロングリッチ博士は説明した。

「全体の恐竜の多様性は異常に高かったにちがいない。私達はたった今表面を本当にひっかいたばかりである。」

恐竜は白亜紀の終わりに北西アメリカに住んでいた。

とニック・ロングリッチ博士は、別個の北、および南の地方が存在していた 、それらの間に交換があったと信じている。

恐竜は大陸の一方の部分から他に広がり、そして、新しい種を形成するために分岐する。

その時種々の種の間の競争のため、恐竜は北および南の領域の間に動くことができなかった。