2014-11-26

古代学者から、予告編で総スカンの映画『ジュラシック・ワールド』!

超過去

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)は、映画『ジュラシック・ワールド(Jurassic World)』の最初の予告編は、そのCGI動物の解剖学上で恐竜オタクの怒りを扇動し、Twitterで科学者なしと非難されたと報告した。

最初に、『My Beloved Brontosaurus』の著者ブライアン・スビテック(Brian Switek)は、映画の虚構GM恐竜の親指に反対した。

そして、二枚舌についての情報について、『WHERE ARE THE FORKED TONGUE-TIPS HOLLYWOOD?』と言った。

人々を悩ますことがまさに恐竜ではなく、蚊とガガンボの明白な混乱でさえ、怒りのタイピングを起こした。

数日早く、リリースされて、予告編は、サファリ乗りとSeaworld-esqueディスプレイを提供する有名無実の公園を訪問するために立ち去る少年でオープンした。

窮地を脱するように、すぐ、南けれどもその囲いの外で、遺伝的に修正された恐竜が壊れる時、公園レンジャーのクリスプラット(Chris Pratt)to彼のまばゆい下あごの輪郭をだけ残してに行く。

ここまで言われると、見たくなる?