2014-11-25

太陽でループする磁場のスーパーコンピュータ・シミュレーション。

NASAは、太陽の表面の下から明らかになる磁場は、太陽風に影響する。
太陽の大気から太陽系を通して継続的に吹く粒子のストリームであると解説した。
NASAと、その大学パートナーの研究者は、どのようにこれらの磁場が明らかになるかを知るように、ハイファイのコンピュータシミュレーション(high-fidelity computer simulations)を用いて、太陽の外の大気を熱し、黒点と炎を生み出した。

この視覚化は太陽の部分の磁場ループを示し、色は弱さ(青)から強さ(赤)に磁場力を表している。
シミュレーションは、カリフォルニア州モフェットフィールドにあるNASAのエイムズ研究センターのNASA高度スーパーコンピューティング施設(NASA Advanced Supercomputing facility at NASA's Ames Research Center in Moffett Field, California)でプレイアデス・スーパーコンピュータ(Pleiades supercomputer)において動かされた。

この知識は、1人の助け研究者のようなシミュレーション結果を通じて、よりよく増加した 地球と太陽系によって太陽と、そのバリエーション、およびそのインタラクションを理解している 。

mage Credit: Robert Stein, Michigan State University; Timothy Sandstrom, NASA/Ames
> Related: NASA showcased more than 35 of the agency’s exciting computational achievements at SC14, the international supercomputing conference, Nov. 16-21, 2014, in New Orleans.