2014-11-25

中国の観光客は、台湾の民主的選挙を見るために集まる。

政治

BBC Newsは、中国の観光客は民主主義の活動を見るために台湾へ集まっていると、報告した。

台湾の市長および他の市のポストのための地方選挙は多くのショー、食物および景品を備えた明らかに耳障りな事務で、2014年11月29日の投票が、「カーニバルのような大気を楽しみたい」ということで、中華人民共和国の人々のための観光名所になった、と香港の日刊新聞明報(Ming Pao)が報告している。

選挙の「ビジター・ガイド」さえがあり、循環、オンライン、台湾のユニークな選挙人の文化のために感触を得たいもののすべてが集まっていると新聞环球时报(Huanqiu Shibao)は加えた。

「特別の政治的なスターに会いたい場合は、彼または彼女の選挙人の本部へ行ってください。」
「それらは、あなたに候補のキャンペーンの詳細な旅程を与えるでしょう」とsino.comニュース・ポータルによって出版されたガイドが言った。

しかしそれらは、さらにまた複雑な場合にそれらが追放に面するかもしれないと、候補キャンペーンを支援しない注意ビジターに警告した。

さらに緑に摩滅することあるいは青、二大政党の色には意図しない結果がありえた。

台湾の大統領馬英九(Taiwan's President Ma Ying-jeou)は、「本土にはそのような活発な選挙がないので、観光客が台湾に引き寄せられる。」と香港の蘋果日報(アップル・デイリー/Hong Kong's Apple Daily)に言っている。

共産主義の中国では、ローカルのポストは、人民会議によって一般に選ばれる。

そこの1980年代が村と郡区の直接民主主義のいくつかの実験だったので、しかし国営メディア、規則的に、草の根選挙での票の買収および贈賄のハイライトの出来事、印象にその民主主義を与えることは欠陥のある概念になっている。

中語中で、共産党一党独裁体制に疑問を持ち始めている。

2014-11-18---台湾は中国へ密輸する動物で急上昇。
2013-10-31---中国の新語「tuhao(にわか成金)」は、恐ろしくポピュラーになった。
2012-11-01---NTTドコモ、通話を翻訳してくれるPhone call translator appを提示。
2012-08-10---中国と台湾は不仲だが、ビジネスは別!
2012-08-06---北京は米国に「trouble-making」と言った!
2012-06-15---香港の北京語の普及率、英語を抜いた!
2012-05-29---イギリスの子供が、英語から米語に大移動!
2012-03-22---中国語を「単純化」したピンインの父!
2012-03-11---世界中で「中国語人材求む!」
2012-02-22---将来の世界言語は、英語(English)?それとも中国語(Mandarin)?
2011-05-22---中国语と中國語、中国と台湾で初の共同辞書!?
2010-10-07---台湾の珍しい姓「神父」、太っていない「胖(デブ)」
2010-04-07---英語を使うな!ついに中国ドラゴンが本性を現した?!
2009-07-10---アフリカで初の中国語新聞「The Oriental Post」が発行された。
2008-05-02---発音を誤った中国人ニュースキャスター罰金!