2014-11-25

米国経済は、最初に予測したより速く成長している。

モバイル・マネー経済

BBC Newsは、米国経済は、最初第3四半期に報告したよりはるかに速く成長したことを公式数字が示したと報告した。

それは、経済分析局(Bureau of Economic Analysis)によって最初に評価された3.5%から上昇して7月から9月の間に3.9%の年賦金が算定された割合で拡大した。

その上昇は強い第2四半期に続くもので、10年間米国が成長のその最も強い2連続四半期を見ていることを意味した。

消費者支出が、高くした評価の最も大きな原因であった。

それは最新の評価によって2.2%ずつ増加した。
それは、1.8%の最初の計算より高かった。

それが米国GDP(gross domestic product国内総生産)の70%を占めるとともに、消費者支出は注意深く見られた。

データは、米国で豪雪が、経済を縮めるのを見た年まで遅いスタートを受け流したことを示唆している。

アナリストは、2013年に膨張率と一致して、平年度のために約2.2%の成長を全体として期待している。

「経済が加速しているか加速するだろうかどうかという問題はもはや質問ではありません;
「私たちは、経済が既に加速したと多少決定的に言うことができます」とBTIGのチーフストラテジストであるダン・グリーンハウス(Dan Greenhaus, chief strategist at BTIG)が言った。

その間に、個別の調査、米国住宅価格が、9月に期待された以上に上昇したことを示したことによって、注意深く見られたS&P/ケースより甲高いインデックスは、4.9%前年比で急騰した。

20都市で単一家族住宅価格を測定するインデックスは、それが値をつけることを示し、季節変動調整済の方式の月の月で、0.3%上昇した。

「経済で、見る良い方で、より1つの年で、前に2015の住宅見通しは安定して、わずかにより良い。」と、S&Pダウ・ジョーンズ索引のインデックス委員会のチェアーマンであるデービッド・ブリッツアー(David Blitzer, chairman of the index committee at S&P Dow Jones Indices)は言った。

ただし、この経済の好転で、産業用スパイツールの使用がないことを期待する。

また、今回のレポートで経済の好転は、消費者支出(Consumer spendingが、高くした評価の最も大きな原因であったと言っているように、日本では消費者支出が高くならなかったことが、転落の原因である。

では、どうすれば良いか?
簡単なことは、企業が膨らんだ利益を社員への支払いに廻すことである。
企業税の負担率の修正で、これはそれほど難しいことではない。

研究投資は、その後にするように企業税バランスを変更することで可能である。

お金のことを「オアシ」と言うが、現在の日本のようにお金の動きが止まると、経済も止まる。
「オアシ」は走れば走るほど、経済は元気になる。
企業や銀行の金庫の金は、死に金である。

お金は、回転し始めれば、経済も成長する。
地球も回転を止めれば崩壊する!
米国は、モバイルペンイメントで回転が始まった。

モバイル・マネーの恐怖に、逃げ回っている銀行が元凶である。
世界はすでに、それで回転を加速させている。

お買い物は楽しい。
お買い物は、浮き浮きする!
お買い物は、人を幸せにする!

このもっともお金が動く年末に、選挙をする。
これでは経済が、止まる!

2014-11-24---英米政府が関与しているかもしれない政府・企業狙う高度なスパイウエア発見。

Related Dates