2014-11-22

西ロンドンのナイツブリッジ・バルコニー崩壊の犠牲者。

経済アート

BBC Newsは、西ロンドンのカドガン・スクエア(Cadogan Square)でナイツブリッジ・バルコニー(Knightsbridge balcony)が落ちた後、死んだ2人が、警察によって指名されたと報告した。

死亡したのは、22歳のトマス・プロッコ(Tomasz Procko)と29歳のキャロル・スジマンスキー(Karol Szymanski)で、バルコニーが崩壊した金曜の朝にナイツブリッジ特性ソファーを配達していた。

トマス・プロッコは西ロンドンのグリーンフォード(Greenford, west London)の現場で死亡し、その一方でスジマンスキーは、その後、北西のロンドンのウェムブリー(Wembley, north-west London)の病院で死亡した。

両方が、もとはポーランドからであった。

それらの近親者に通知された。

他に、8人の人々が傷のために治療された、とロンドン救急業務が言った。

匿名を要求した隣人は、BBC Newsに、
「彼らは、ロープを備えた一階アパートまで、ソファーを引き上げようとしていた。

「見たところでは、[それ]は重すぎました。フェンスは折れて、下の労働者に降りかかりました。」

スクエアーで別の家財に取り組んだエンジニアのシンクレア・ジョンストン(Sinclair Johnston)は、重量を支援するために装飾のレールが依存することができないかもしれないと言った。

バルコニーの石の基礎は損害を受けていなく見えまが、装飾の錬鉄レールは地面へ約3.6m(12フィート)落ちたように見えた。

ロンドンも古い家が多いから、もちろん建築法などは、適用されていないことだろう。

日本で100年前の西洋風建築は、古いが、ヨーロッパでは、新しい。

日本の感覚だと、何も壊せなくなる。

こんな家は、どんどん建て替えた方が安全だが、イギリス人はそんな家に住むのが好きである。

西ロンドンのグリーンフォード(Greenford, west London)のGoogle Earthポインター情報
51°31'54.5"N 0°20'46.4"W
または、
51.531797, -0.346219