2014年11月19日

戦時下の都市カラチでは、毎日警官が死ぬ。

戦争と平和

BBC Newsは、パキスタンの警察はタリバンと戦う最前線である。
アフガニスタンとの国境の近くの国の遠隔の北だけでなく、だがカラチ(Karachi)は、国の経済・文化的心臓である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

パキスタンは、戦時下ではないと考えられているが、警官達にとって、そこは銃撃戦が絶えない戦場であった。

5カ月前に、タリバンは玉砕を行なった。
警備員として服を着ていた重装備した10人が、航空機をハイジャックするつもりで、カラチで、パキスタンの最も忙しい空港の貨物ターミナルを襲撃しました。

長引く一夜の戦いで、ほとんどの闘士は撃たれた。また、残りは自爆した。
すべて、少なくとも28人が死亡した。

カラチ警察は都市郊外の中に隠れる闘士を根絶しようとすることにより、タリバンに対して反撃している。
しかし、それは危険である。
都市の15,000人の警官から、平均で毎日、1人は死ぬ。

「それらは敬虔ではありません。」
「彼らは常習犯罪者です」とカラチ警察警視庁捜査課の高官イジャズ(Ijaz)が言った。
「それらは、戦争に資金提供するために薬販売、強奪および誘拐からの金銭を生成している。タリバンについて考えることができます。どんな犯罪も含まれています。あなたは徳利と共に、賭博場でそれらを見つけるでしょう。また、それらは、しばしば売春婦のサービスを利用します。」

イジャズは30代初のである。しかし、彼は、多くの老年男性の外観を持っている。
彼のオフィスへ歩く場合、彼は厚い煙の雲に覆われている。
彼は、常に1つの手に電話を持ち、かつ他方にたばこを持っているように見える。
「明瞭な目標があるので、パキスタンの北でそれらと戦うのは簡単です」
「しかし、カラチのような都市では、70を超える砕片化したグループがあり、敵が誰か判らないので、それは非常に困難です。私たちは実際の戦時下にいます。」と彼が言った。

2014-06-09---パキスタンの国際空港戦闘終結、死者は28人。

カラチ(Karachi)のGoogle Earthポインター情報
24°51'18.8"N 67°00'05.0"E
または、
24.855219, 67.001392

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告