AD SPACE

2014-11-09

イエスは売春婦マグダラのマリアと結婚し、子供がいた?!

超過去

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)は、大英図書館で発見された約1,500年前の古文書から、イエスは売春婦マグダラのマリアと結婚し、子どもがいたと書いてあると報告した。

しかし、このような文書は多くあり、現在の聖書にまとめられる前に、多くが廃棄されている。

[AD] You can advertise on this site.

サンデータイムズ(Sunday Times)によれば、アラム語(Aramaic)から翻訳された、いわゆる「Lost Gospel(失われた福音)」には、驚くべき新しい主張を明らかにしていると報告している。

ただし、「Lost Gospel」のことを「失われたゴシップ(Lost gossip)」とも言う研究者もいて、捨てられるべき福音の古文書であったと指摘している。
多分、死海の書には、精査される前の不思議な福音の原稿が多く見つかるはずで、驚くべき新事実といえるかどうか?

バリー・ウィルソン教授(Professor Barrie Wilson)と作家シムチャ・ヤコビック(Simcha Jacobovic)は、テキストを翻訳して数か月を過ごした。
それらは、イエスには2人の子どもがいて、オリジナルの聖母マリアが彼の母親ではなくイエスの妻だった、と述べていると主張している。

多くのエキスパートは、聖書の歴史上の重要性を軽視した。

このような三面記事のゴシップ原稿が、ダン・ブラウン(Dan Brown)の「ダ・ビンチ・コード(The Da Vinci Code)」以降急増し、目立ちたがり屋増えて、研究者を困惑させている。
しかし、新しい福音の翻訳者によれば、彼女は以前に考えられたよりはるかに大きな重要性です。

マグダラのマリア(Mary Magdalene)は、既に既存の福音の中で重要な役割を演じて、イエスの生活に記録された重要な瞬間の多くに出てきている。

「失われたゴスペル」は、イエスがマグダラのマリアと結婚したと最初に主張しない。

彼の1953年の本の中の両方のニコス・カザンザキス「キリストの最後の誘惑」や、より最近「ダ・ビンチ・コード」中のダン・ブラウンは、同じ主張をした。

ダン・ブラウンの「ダ・ビンチ・コード」を多くの古文書研究者は、クズと行っている。

イエスの子どもの名前を含む本からのさらなる意外な新事実は水曜日にリリースされると言っている。

出版者ペガサス(Pegasus)は、計画されるように記者会見が進むだろうということを確認した。

つまり、本を売るための古代ゴシップの掘り起こしである。
研究者は、相手にしない。

とくに、アメリカ人には、ここに登場する舞台はない。

出版者ペガサスの出版している本を見れば、それだけで十分だろう。

2014-04-10---「イエスの妻」に関するパピルスは偽物ではない!?
2012-09-27---米国で発表されたイエスの妻パピルスは、「とにかく偽物!」

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.