on-the-time.jp

2014-11-06

スペインの看護師はエボラから回復し、退院。愛犬殺処分で職員を非難!

モバイル・マネー美容と医学の科学政治経済観光宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)は、現在のウィルス発生で西アフリカ以外で最初にエボラが感染したスペインの看護師は、病院をたいいんすることで情緒的な声明を発表したと報告した
彼女のペット・ドッグを「駆除した」と職員を酷評した。

[AD] You can advertise on this site.

テレサ・ロメロ(Teresa Romero)のマドリードのカルロスIII病院(Carlos III hospita)の外側でのステートメントは彼女の夫ザビエル・リモン(Javier Limon)によって読み取られた。
彼の妻は、彼女の最愛の犬エクスカリバー(Excalibur)の損失で情緒的すぎたので、自分で話すことができないと言った。

テレサ・ロメロは、8月と9月に西アフリカから家へ飛行機で運ばれた、2人のスペインの宣教師を扱うのを支援した後に、危篤で1週ごろを過ごした。

両方の宣教師はその後、死亡した。

隔離で30日後に病院から退院した、44歳の彼女がまだ弱く感じ、彼女を世話した人々を賞賛した、と言った。

しかし、彼女は、彼がエボラ感染の潜在的リスクをもたらしたので、10月8日に彼女の雑種犬を安楽死をさせたマドリードの厚生当局を激しく打った。

その場合は、さらにエボラにかかったが、この人は検疫し続けられ、その後その所有者と再び結合した、米国で看護師の犬と対比された。

それら自身の子どもがいなかったテレサ・ロメロは、犬が彼女と彼女の夫の子どもに似ていると言った。

エクスカリバーを殺すことは「必要ではなかった」と、テレサ・ロメロは声明で言った。

「このすべてで最悪の部分は、私たちの犬が機会を与えられなかったということです。」と彼女が言った。

テレサ・ロメロは、
「私の血液が人々を直すために働く場合、私は最後の低下にそれを与える準備ができています。」
と、回復が他のものを支援するかもしれないことを望んだと付け加えて言った。

2014-10-09---スペインの看護師テレサ・ロメロは、悪化!
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-08-12---スペイン人宣教師が、エボラ感染で死亡。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE