gaYa広告

2014年11月03日

EUの移住者について、メルケル対キャメロン。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、アンゲラ・メルケル(はAngela Merkel)は、イギリスがEUの移動原理の自由(freedom of movement principle)への変更に同意するより、EUを去るのをむしろ見たいという提案は、イギリスで政治熱を上げた。

第1に、ベルリンの政界内では、イギリスに対するフラストレーションは増している。

それらは、デビッド・キャメロン(David Cameron)が何を望むか知らず、際限なく変わるように見える要求にますます敏感である。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

ドイツ人は、特に「キャップ」あるいは「割り当て」の提案。あるいはイギリスに着くEUの移住者の数の上の「緊急ブレーキ」にびっくりしている。

彼らは、それの移動が、中核EUの原理で、自由をむしばむだろうと思っている。

2014年0月25日のヨーロッパのサミットで、アンゲラ・メルケルは、移住者の数を減らす条約を変更する、可能なイギリスの動きについて尋ねられた。

「私たちは、自由な移動の基本原理を持っています。」と、ドイツの首相が言った。
「また、私たちはそれをいじらないだろう」
それは自由な移動が交渉のために、立ち上がらなかったと言う彼女の方法であった。

彼女は、ドイツが出稼ぎ労働者のために社会保険の問題を欧州裁判所に委託し、彼女は、彼らが見解を非常に緊密に研究するだろうとデビッド・キャメロンに伝えた、と言った。

ドイツ人は、移住者が単に利点を得るためにドイツへ返ろうとするかもしれないと懸念していた。

したがって、ロンドンへ送られたメッセージは明らかであった。
「乱用」に取り組むことはといえば、策略の余地がある。
しかし、自由な移動で、自体の原理を弱める任意の試みへの根深い反対がある。

そのメッセージは、欧州委員会の新しいプレジデントであるジャンクロード・ユンケル(President of the European Commission Jean-Claude Juncker)によって繰り返した。

ドイツの雑誌シュピーゲル(Der Spiegel )はさらに、移住を制限する彼の試みが危険を冒して行っており、EUを去ることに向けてイギリスを押しているとアンゲラ・メルケルがデビッド・キャメロンに警告することを示唆した。

もしイギリスの首相が固執すれば、彼女は、EUでとどまるイギリスの支援を取消すだろう。

ニコラウス・ブローメによって書かれた記事は、
「イギリス政府は、人々の自由な移動である欧州連合のいくつかの基本点に反します」
「そしてその上のそのポイントから、ドイツの政府がイギリスを内側に維持することと比較したこれらのヨーロッパのファンダメンタルズを保存するのにより重要だろう。」と言った。

アンゲラ・メルケルがデビッド・キャメロンに何と言ったか正確に知るのは難しい。
ベルリンの上級職員は、記事にあまり注意を払いすぎないことを示唆した。

彼女は最後の瞬間に決定を行うことが好きで、隅に追い込まれることに抵抗する。

しかし、ベルリンは、イギリスとの疲労がある。
また、ロンドンにどんな特別提供も与えるかあるいは選ぶ欲求はほとんど外出しない。

その疲労は高官の側近グループの中にまで及ぶ。

それは、多分、デビッド・キャメロンが今と今年の年末の間で、EUの移住に対する立場をいつか概説する時、彼が数をしのぐ提案をやめているであろうということになる。

断固としたドイツの反対に直面して進めるのは難しい。

また、それはこのエピソードの肝心なところかもしれない。

したがって、ダウニング街では、探索がEUの移住者がイギリスにとどまることをより難しくするように見えるが、自由な移動の原理を弱めない定式を見つけるために動き出すかもしれない。

寄与するまで、移住者に税額控除を与えないかもしれないか、移住者が、雇用およびそれらが自活することができるという証拠を示さなければならないだろうかどうかを、政府が見ているという徴候がある。

根本的なEUの改革のためにロビー活動をするシンクタンク開いたヨーロッパ(Open Europe)は、3年後まで政府がEUの移住者の失職した利点および社会住宅へのアクセスを制限することができるに違いないと今日主張した。

それらは、既存のEUの法律の修正によりこれを達成することができるかもしれないことを示唆した。

それはもがく余地がある。
ただ一つの疑問は、それが大変革として歓迎するべきデビッド・キャメロンにとって十分だろうかどうかである。

伝えることが非常に困難だろうことはネット移住を100,000未満に制限している。

しかし、トルコだけで160万人の難民がいる。

また、再交渉の結果実際の変更を実証することができることは。それは2017年に潜在的な国民投票までずっと問題になる。

また、一方、急速充電イギリスの経済は多くのEUの労働者を引きつける場所として働いている。

一番大切なのは、移住民になる難民が自立できることである。

例えば、シリアとイラクからの難民160万に農業のできる環境を構築し、その作物を欧米や日本が輸入することで、移住は定住にできる。

トルコのクルド人が居る地域は、砂漠と、ノアの方舟や巨石文化の山である。

そこには昔から多数のクルド人が文化を築いてきた。
かららには、そこを開墾する才能がある。
さらに、そこに先進国の技術を提供すれば、その工事からの収入も確保でき、さらに将来はそこから効率的な作物で産業を構築できる。

幸い日本には、神戸物産のような産業を開拓する食品貿易会社もある。

政治家は、現実と実際を知らない。

さらに、クルドの女性は美人が多い。
若い自衛隊員を派遣すべきだろう。

足下を見るから、不可能になる。
遠い未来を見つめ、一歩一歩前進する以外にない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト