2014年10月30日

WalmartやBest Buyが参加しているMCXのCurrentCがハッキングされた!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、モバイル・ペイメント・プラットフォームCurrentCのクリエイターMCXは、サービスの手続きをしたか、そのパイロット・プログラムをダウンロードした人々のもとへ電子メールを送り、ハッキングされたことを報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

その電子メールには、「Within the last 36 hours, we learned that unauthorised third parties obtained the e-mail addresses of some of our CurrentC pilot programme participants and individuals who had expressed interest in the app. The CurrentC app itself was not affected,(最後の36時間以内に、私たちは、無許可の第三者がアプリに対する関心を示し、CurrentCパイロット・プログラム参加者および個人のうちの数人のEメールアドレスを得たことを知りました。CurrentCアプリはそれ自身影響されませんでした。)」と書いてあった。

MCXは、他の情報が得られなかったが、問題の調査が一層である、と言った。

CurrentCは、Apple Payに挑戦することを望んでいる。
しかし、この新しい事件の展開は人々にそれをダウンロードすることを思いとどまらせるかもしれ無いと考えられる。

そのときは、アプリは従来のクレジットカード口座を支援しない。
それが取引手数料を減らすため、代わりに、ユーザーが銀行口座をサービスとリンクするので、Apple Payはそれを行う。

CurrentCは、さらに社会保障番号と運転免許証の詳細をユーザーに求める。

MCXは、ウォルマート(Walmart)やベスト・バイ(Best Buy)のような巨大小売店によって作られたコンソーシアムである。
MCXは、ドラッグストアのCVSおよびライト・エイド(Rite Aid)の2人の他のメンバーが持っているので、それらの両方はそれらの店で、Apple Payを受理することをやめた。

このような行為は、アップルの社員でなくても、一部のハッカーには許されないのかもしれない。

ハッカーの気持ちが分からないと、ソニーのように継続的に襲われる可能性がある。

ユーザーは、どの店でも、どのサービスでも利用でき、その選択権はショップではなく、ユーザーにして欲しい。

モバイル・マネーの世界では、このような事件が大きく響くことだろう。

Isisもブランド名で苦しんで、多くのユーザーを失った。

この業界を知り尽くしているアップルに、有利に動いている。

問題は、犯人が逮捕されたときだろう。

2014-10-28---Apple Payは、3日間で100万ユーザーが活性化した。
2014-10-27---米国の2つの主なドラッグストア・チェーンがApple Payを止めた。
2014-09-16---ウォルマートとアップルのモバイル・ペイメント戦争は、どこへ行く!
2014-09-12---ショック!米国最大の小売り店Walmartで、アップルのペイメントは無効。
2014-09-04---MCXソフトは、CurrentCブランドとAppを立ち上げた。
2014-09-03---悪名高いIsisの名称は、新しくSoftcardになる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト