gaYa広告

2014年11月03日

KDDIのau WALLETを660万ユーザーが申請。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、KDDIは、マスターカードとの提携で5月に始められたau WALLETプリペイド・カード・プログラムは、2014年10月20日時点で660万人のユーザーが申請したと報告した。

これは、日本のユーザーもモバイル・マネーに大きな期待をしているという証拠である。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

Au WALLETは、約210カ国でマスターカードを受理し、費やされたすべてni200円(US$1.8)de顧客に1ポイントを与え、どんな小売り業者でもオペレーターの加入者がカードを使用可能にしている。

オペレーターは、「インターネットと物質界を組み合わせる」サービスを目標としていると言った。

追加のモバイル・データ・パッケージを購入するためにポイントを使用することができるが、サービス用の特定のモバイル用途がまだないようである。

KDDIは、さらにユーザーが報酬ポイントを蓄積する、より多くの機会を持つところでクレジットカードを始めることを計画している。

WALLETクレジットカードが10月28日に適用のためにオープンし、auはすべてで200円費やすごとに、2ポイント与える。

5月の着手の時に、マスターカード・ジャパン社長ロバート・ルートン(Robert Luton, division president of MasterCard Japan)は、「私たちの2つのサービスに大きな相乗作用があるので、私たちはKDDIを備えたこの製品を売り出すために興奮します。日本人消費者は電子ペイメントの事情通のユーザーです。したがって、革新的な技術でそれらを支援して、私たちはうきうきします。」と言った。

その会社は、日本中でWALLETを受理する「報酬ポイント・アップ店」の数を増加させるのをそれが絶えず目標としていると言った。

「ポイント・アップ・ストア」の数は、2014年9月30日時点で19の会社によって操作され、およそ22,000軒の店になって、しっかりと増大しました」とKDDIが声明で言った。

「さらに、第2四半期に、私たちは、「aau Lucky Sale」を行なって、「auショッピング・モール」へのリンクを導入した。

販売は、顧客にお金を節約し、かつ40回以内もっと蓄積する機会を提供し、家電、グルメ食品アイテムおよびブランド品を含む様々な人気製品を購入する場合、通常より多い「WALLETポイント」を提供する。

KDDIは、au WALLETを使用する場合に、外国為替取引料金が25%安くすることを銀行と、さらに取り引きを締結した。

また、外国為替取引料金が25%安くなると言うが、すでに手数料を「0」にするサービスが海外で登場している。

携帯電話事業者はコンテンツ・サービスと通信料金で稼ぎ、銀行やクレジットカード会社のような手数料サービスは止めないと、銀行やクレジットカード会社と一緒に、奈落に落ちることだろう。

これだけ多くの直営店があって、それをモバイル・マネーに利用しないで、銀行やクレジットカード会社に依存しているが、これば二銃手間であり、ユーザーに多くの負担を被せている。

このような考え方は、すでに時代遅れである。
世界のモバイル・マネーは、もっともっと進化している。

ただし、以前KDDIは、ユーザーをたらい回しにして、最初の美味しいサービスが使い慣れると消えるように操作され、不愉快に感じたことがある。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。