2014年11月03日

イスラエルの新聞Haaretzで、「9/11の漫画」登場。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、イスラエルの新聞は、米国とイスラエルの関係を説明するために9/11の同時多発テロ攻撃を使用したと批評家が言う、論争の的になっている漫画を防御した。

先週、Haaretzの中で公表されたイメージは、旧ワールド・トレード・センターに似ているタワーへ向かって飛行機を飛ばすイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフc(Prime Minister Benjamin Netanyahu)を示している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

イスラエルの外務官僚ポール・ヒルシュソン(Israeli Foreign Ministry official Paul Hirschson)が、それを「赤新聞」と評して、その出版は、何人かのソーシャルメディア・ユーザーからの抗議を刺激した。

しかし、Haaretzの編集長アルフ・ベン(Aluf Benn)は、人々が、「ネタニヤフ首相とオバマ政権の間の不信の現状への反応」と評する漫画を「誤解している」と言った。

漫画家エイモス・ビダーマン(The cartoonist, Amos Biderman)は、ネタニヤフのエルサレムとウエストバンク東部の新しい定住、および「アメリカがイスラエルに対して演じている彼の当てこすり」の発表を批評していた、と新聞中の社説の中で書いた。

Haaretzは、攻撃で死んだ人々に「深くメモリを尊敬し尊重する。」
「死んだ人々、あるいはこの恐ろしい犯罪の生存者に無礼なものとして、私たちは、エイモス・ビダーマンのイメージのどんなに誤解することも後悔します。」と、彼が言った。

しかし、風刺漫画で誤解を招くのは、落語でネタを明かして笑いを取るのに似て、才能が無いと言える。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。