on-the-time.jp

2014年11月03日

イスラエルの新聞Haaretzで、「9/11の漫画」登場。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、イスラエルの新聞は、米国とイスラエルの関係を説明するために9/11の同時多発テロ攻撃を使用したと批評家が言う、論争の的になっている漫画を防御した。

先週、Haaretzの中で公表されたイメージは、旧ワールド・トレード・センターに似ているタワーへ向かって飛行機を飛ばすイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフc(Prime Minister Benjamin Netanyahu)を示している。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

イスラエルの外務官僚ポール・ヒルシュソン(Israeli Foreign Ministry official Paul Hirschson)が、それを「赤新聞」と評して、その出版は、何人かのソーシャルメディア・ユーザーからの抗議を刺激した。

しかし、Haaretzの編集長アルフ・ベン(Aluf Benn)は、人々が、「ネタニヤフ首相とオバマ政権の間の不信の現状への反応」と評する漫画を「誤解している」と言った。

漫画家エイモス・ビダーマン(The cartoonist, Amos Biderman)は、ネタニヤフのエルサレムとウエストバンク東部の新しい定住、および「アメリカがイスラエルに対して演じている彼の当てこすり」の発表を批評していた、と新聞中の社説の中で書いた。

Haaretzは、攻撃で死んだ人々に「深くメモリを尊敬し尊重する。」
「死んだ人々、あるいはこの恐ろしい犯罪の生存者に無礼なものとして、私たちは、エイモス・ビダーマンのイメージのどんなに誤解することも後悔します。」と、彼が言った。

しかし、風刺漫画で誤解を招くのは、落語でネタを明かして笑いを取るのに似て、才能が無いと言える。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告