gaYa広告

2014年11月03日

イスラエルの新聞Haaretzで、「9/11の漫画」登場。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、イスラエルの新聞は、米国とイスラエルの関係を説明するために9/11の同時多発テロ攻撃を使用したと批評家が言う、論争の的になっている漫画を防御した。

先週、Haaretzの中で公表されたイメージは、旧ワールド・トレード・センターに似ているタワーへ向かって飛行機を飛ばすイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフc(Prime Minister Benjamin Netanyahu)を示している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

イスラエルの外務官僚ポール・ヒルシュソン(Israeli Foreign Ministry official Paul Hirschson)が、それを「赤新聞」と評して、その出版は、何人かのソーシャルメディア・ユーザーからの抗議を刺激した。

しかし、Haaretzの編集長アルフ・ベン(Aluf Benn)は、人々が、「ネタニヤフ首相とオバマ政権の間の不信の現状への反応」と評する漫画を「誤解している」と言った。

漫画家エイモス・ビダーマン(The cartoonist, Amos Biderman)は、ネタニヤフのエルサレムとウエストバンク東部の新しい定住、および「アメリカがイスラエルに対して演じている彼の当てこすり」の発表を批評していた、と新聞中の社説の中で書いた。

Haaretzは、攻撃で死んだ人々に「深くメモリを尊敬し尊重する。」
「死んだ人々、あるいはこの恐ろしい犯罪の生存者に無礼なものとして、私たちは、エイモス・ビダーマンのイメージのどんなに誤解することも後悔します。」と、彼が言った。

しかし、風刺漫画で誤解を招くのは、落語でネタを明かして笑いを取るのに似て、才能が無いと言える。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。