2014-11-03

イスラエルの新聞Haaretzで、「9/11の漫画」登場。

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、イスラエルの新聞は、米国とイスラエルの関係を説明するために9/11の同時多発テロ攻撃を使用したと批評家が言う、論争の的になっている漫画を防御した。

先週、Haaretzの中で公表されたイメージは、旧ワールド・トレード・センターに似ているタワーへ向かって飛行機を飛ばすイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフc(Prime Minister Benjamin Netanyahu)を示している。

[AD] You can advertise on this site.

イスラエルの外務官僚ポール・ヒルシュソン(Israeli Foreign Ministry official Paul Hirschson)が、それを「赤新聞」と評して、その出版は、何人かのソーシャルメディア・ユーザーからの抗議を刺激した。

しかし、Haaretzの編集長アルフ・ベン(Aluf Benn)は、人々が、「ネタニヤフ首相とオバマ政権の間の不信の現状への反応」と評する漫画を「誤解している」と言った。

漫画家エイモス・ビダーマン(The cartoonist, Amos Biderman)は、ネタニヤフのエルサレムとウエストバンク東部の新しい定住、および「アメリカがイスラエルに対して演じている彼の当てこすり」の発表を批評していた、と新聞中の社説の中で書いた。

Haaretzは、攻撃で死んだ人々に「深くメモリを尊敬し尊重する。」
「死んだ人々、あるいはこの恐ろしい犯罪の生存者に無礼なものとして、私たちは、エイモス・ビダーマンのイメージのどんなに誤解することも後悔します。」と、彼が言った。

しかし、風刺漫画で誤解を招くのは、落語でネタを明かして笑いを取るのに似て、才能が無いと言える。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.