gaYa広告

2014年10月30日

リアルタイム国勢調査を可能にする携帯電話写像に成功。

未来観光経済

ワシントンポスト(Washington Post)は、伝統的に誰がどこにいて、どのように生活しているかを知ることが国勢調査の結果であった。

しかし、それらの人口調査は高価になりえ、めったに行うことができなかったと報告した。

また、最近の研究はそれを示唆し、私たちの携帯電話が携帯電話タワーをチェックするごとに起こる受動の符合は、研究者が改善することができると言う一種の生のリアルタイム国勢調査を提供するかもしれない。私たちは、どのように地震荒廃からエボラの蔓延まですべてに応答できるか?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

先日もIBMの研究調査のレポートで、事件が起こったときに専用の携帯電話を提供し、そのデータをソリューションとして分析すれば、言う一種の生のリアルタイム国勢調査が、可能でははないかと考えていたが、同じことを考えていた人がいた。

なぜ、専用の携帯電話を提供するかと言えば、データの均一性と品質の安定のためで、さらに提供する携帯電話の機能の質で、把握できるデータを管理できるという利点がある。
それは、現在の国勢調査より高品質になるだろう。

ベルギーのベルギー大学ルヴェン校とノースイースタン大学の複合ネットワーク・リサーチ・センターのピエール・ダビール(Pierre Deville of Belgium's University of Louvain in Belgium and Northeastern University's Center for Complex Network Research)と、ベルギー大学リブレ・デ・ブリュッセル校のびキャサリン・リナード(Catherine Linard of Belgium's Université Libre de Bruxelles)は、研究の第一著者で、また、それらの新しくリリースされた研究が、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)に現われている。

携帯電話の迅速な世界的な採用が従来の国勢調査で駆動される人口分析の方法より人口分布に対するもっと素晴らしく粒状にされた洞察力を提供することができても、発見する準備ができていたとダビールとリナードが明らかにした。

携帯電話データは、最もそれらの人々の他の計算の余裕がない国々のための良い答になりえるか。

その情報は、人文地理学の有用にニュアンスを含ませた読書を提供することができるか。

また、人口を携帯する携帯電話のプライバシーおよびセキュリティを破らずに、それを行うことができるか。

人口分布を理解する既存の方法は、ハイ・レベルの傾向があった。

1990年代に、そこに、国勢調査データを縮小するために人口統計学者と地理学者の間の押しとしてあった。また、分割するために土地の被覆(舗道? グラス?)、通りグリッドおよび気候データなど使用する方法を考え出すことにおいて見られた進歩があった。それらは、人口を100平方メートルまで数えた。

しかし、その基線として用途国勢調査の規模を縮小することで、そのアプローチにはそれ自身の欠点があった。

地球の多くの場所に、しかし、それらの計算は、費用かロジスティックスの複雑さのためにめったにしばしば行われなかった。

国勢調査データがあるところに、災害および他の流行病中の危険で最も最多の人口がしばしば生活している。しかし、そのような場合は、最も利用可能でないか最も信頼できない。

しかし、地球規模で携帯電話の迅速な採用がデータにギャップがある場合に埋まり、新しい方法を提供することをダビールとリナードは知った。

研究者は、電話会社からフランスとポルトガルの200万人のユーザーおよび1700万人のユーザーによって行われた10億の通話のデータセットを得た。

その後、最初の実験で、それらは、長年の国勢調査の規模を縮小する方法と携帯電話データの両方を使用して、ポルトガルの呼び出しを写像した。

そのデータで、ダビールとリナードがプロットすることは、既存の携帯電話タワーのまわりで、各セル内のどんなスポットも任意の他のものよりそれ自身の穏やかなポイントに接近しているように、1セットのポイントのまわりで引かれたセルからのVoronoi多角形(Voronoi polygons)として知られているものを引き、次に、そのタワーに接続する呼び出しの数を計画した。

その後、サービス普及率上で電話供給者のデータを使用して、研究者は、タワーごとの人口を推定した。

そのアプローチに関して現われた1つの利益は、電話上で「私たちは、祝祭日と活動期間のために、平日に、、週末に絶えず地図を作ることができます。」と、ベルギーからのリナードがいった。

もちろん、人口を計画するために携帯電話データを使用することが、個人のプライバシーと危険人物であるという心配がある。

しかし、研究は、ユーザーIDがデータセットに含まれなかったことを指摘した。
実際、それらは、呼び出しが1つのセル・タワーから次のものまでいつ渡されたかのレコードさえなしで、セル・タワーによって集められた単純な呼び出しデータを用いて作業していた。

彼らのポルトガルの写像で、研究者は、携帯電話データがハイ・レベル上の国勢調査に基づいたデータの正確さと一致することを知った。

しかし、地方レベルにドリルダウンする、また、事態はさらに面白くなった。
リスボンの首都のまわりで、携帯電話データは、別の方法が逃した詳細を捕らえた。

デジタル情報が「人文地理学のパターンおよびプロセスについての近いリアルタイムの理解を提供することができる。」と著者は結論を下した。

それは表わされたセル・タワー増加の数としての方法増加の値、と著者が結論を下した。

「その正確さはネットワーク構造に直接依存する。」と研究は読める。

「タワーの密度が高いほど、[携帯電話]コミュニケーションの地理的-現地化の正確は高い。」
言いかえれば、より多くの人々がより多くの携帯電話を使用し続ける限り、それらが進めている研究技術は単に時とともに改善する。
つまり、今後携帯電話の使用頻度が高くなれば、なるほど精度も高くなる。

さらに、研究者は、携帯電話データは、伝統的方法より時間以上の人口の変化にもっとはるかに反応が良かったことを見つけた。

同様にフランスへのアプローチを適用することは、その地方の主な都市の人口が夏および地方の他の休日期間に、ユーロディズニーとシャルル・ド・ゴール空港の人々の大きなポケットを除けば。パリからどっと出てくる人々と、フランスの山脈および海岸線の方へ劇的に減少することを明らかにした。

「運用上・政府の決定では、これらのデータは破壊的な出来事あるいはより長期的な計画する目的に対する迅速な反応の支援にはさらに価値のあるかもしれない」とダビールとLinardは書きます。

携帯電話写像は、エボラをアドレスするように内科療法に命令するべき場所へ、地震救援物質を送るべき場所からのすべてに対するターゲットとされた反応を提供することをより簡単にすることができました。

しかし、1つの挑戦は単にデータを得ています。

Linardは、セネガルとコートジボアールからの手電話データの上にチームが持っていると言います。
しかし、「私たちは、今のところリベリアからの電話データを持っていません。」

携帯電話データの力についてのより広い討論で、ダビールとリナードの研究適合、そして、その手へその力は休止するべきです。

従来の国勢調査の利点のうちの1つが、人々が堂々と自分の意見を述べることができるということである場合、したがって、総計で、私たちはできる、見られた代表者の少ないコミュニティー、電話会社からショーまで自分の携帯電話データを要求すること、それらが実際に生きているところで、明けても暮れても、またそれらがそこに必要とするどんな資源も抽出できる。

さらに、システムを構築すれば、それらは完全に自動化を可能にする。
また、そのデータがプレイバシーを侵略していないことを保証するために一般公開すると、多くの研究者が独自データの抽出ようAppを開発し、公開できるようになる。

実は、私はすでに高齢者であるが、スマートフォン用App開発を老後の楽しみにしようと考えている。
そのため人は、このようなデータが世界中で公開されることを期待する。
それは自らニュースを発掘できるようになる。

IBMが、シエラレオネで、エボラ・トラッキング・システムを提示しているが、このようなことが世界中で可能になるべきである。

これが現代のIT活動である。
理論ではなく、何を抽出するかである。

2014-10-27---IBM、シエラレオネのエボラ・トラッキング・システムを提示。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。