gaYa広告

2014年10月30日

Google財布の元トップは、Poyntと呼ばれる会社に帰ってきた。

モバイル・マネー

Google財布(Google Wallet)の頭を辞職したオサマ・ベディエ(Osama Bedier)は、ペイメント会社WePay、米国のPayrangeと話題になったが、今回はモバイルにPOSターミナルを実行することを提供するPoyntと呼ばれる会社に帰ってきたと、Mobile World Liveは報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

新しい会社は多少混み合った市場に入っている。
しかし、オサマ・ベディエは、PoyntOSの強さが、開発者に開放されていること一方、通商のために構築されたという事実であるとブログの中で主張した。

モバイルの販売時点情報管理市場はSquareのような会社によって支配されている。
そのドングルは標準スマートフォンかタブレットに適合する。

しかし、アップスは、その中間を一杯出している。

オサマ・ベディエは、「多量採用を達成するために、これらのソリューションはセキュリティと信頼度を欠く。」と主張した。

ただし、オサマ・ベディエが開発したGoogle財布(は、信頼度を欠いていた

その間に、従来のペイメント・ターミナルはセキュリティと信頼度の両方を提供するが消費者インターネット誕生前の時代から来て、実際にそれ以来発展していない、と彼が言った。

「革新および多量採用は対立した。」
「イノベーションおよび多量採用は対立しました。そのため、私たちはPoyntを作成しました。」
彼は、それを世界初の「スマート」ペイメント・ターミナルと言った。

「我々、消費者は、我々が数年前に少数の要点さえと想像することができなかった魔法のことをするポケットおよび財布の中でスーパー・コンピューターを持ち運ぶ。

「しかしながら、店内の技術は、まだ賞賛された電卓に集中する」と彼が付け加えた。

しかし、このような段階での開発は、すでに時代遅れである。

こんな意見に、いつまでMobile World Liveは付き合っているのだろう。

2014-07-21---操業開始Payrangeは管理者として、前Google幹部を発表。
2014-02-12---元Googleウォレットのチーフは、資金の潤沢な操業開始に参加。
2014-01-17---モバイル・ペイメント・サービスのWePayは。US$1500万を集めた。
2013-05-13---Googleウォレットの高いハードル。
2013-05-13---Google、クレジットカード計画を廃棄、または延期。
2013-05-09---Google財布のチーフが辞任。
2012-07-02---Twitterは、古いさえずりを渡すように命じられた。
2012-05-09---Twitter、米国の裁判所命令に反抗!
2011-10-20---ウォール・ストリートは自爆、第2次世界大戦以降で最悪!
2011-10-19---Occupy Wall Streetが、占領ウォール・ストリート・ジャーナル発刊した!
2011-10-15---世界中で金融危機に対する抗議「Occupy Wall St.」が起こった。
2011-05-27---PayPalは、Googleモバイル財布を起訴!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告