on-the-time.jp

2014年10月30日

フィリピンのGlobe Telecomは、モバイル・マネー・サービスの手数料を放棄。

モバイル・マネー

いつ、どこがこれを始めるかと期待していたが、フィリピンのGlobe Telecomは最初にモバイル・マネー・サービス手数料を放棄した。

このサービスは、金融業では不可能であるが、通信業鉈可能なサービスである。
以前から、モバイル・マネーは金融業を廃棄することを可能にすると考えてきた。
アップルのサービスも含め、これまでの小手先のモバイル・マネーではなく、本格的なモバイル・マネー革命が始まったといえる。

何もしないで、プログラムとサーバーだけで稼ぎすぎの金融業を廃棄しないと、貧民に平和は来ない。
コンテンツ・サービスができない通信会社は消えることだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

Mobile World Liveは2014年10月30日に、フィリピンのオペレーターGlobeは、今年の年末までGCash経由で金銭を送ることの手数料を廃棄した。その動きはポピュラーなサービスの10周年記念の祝賀に起こった。

GCash Libre Pera Padalaと呼ばれる提示で、それらがサービスを利用するごとに、顧客はPHP1(US$0.02)を保存することができる。

GCashユーザー仲間へ金銭を移すためにGCashを使用する顧客は、さらに新しいSamsung Galaxy S5を勝ち取る機会を得る。

参加するために、顧客は、登録して、彼らの口座に十分なGCashを持つ必要がある。

その間に、それらはさらに、Globeストア(Globe Stores,)、SMデパート(SM Department Stores)、純金、Villarica、Tambunting、田舎の銀行(Rural Banks)を含むGCashパートナー・アウトレット、携帯電話銀行業務、ネット銀行トランスファー、BancNet ATMおよびBPI支店経由で現金にすることにより、全国的にGCash財布に資金提供することができる。

GCashの顧客は、GlobeとTMの加入者のために、GCashのモバイルのアプリ、あるいはGCashによって自由な*143#をオンラインでダイヤルすることにより、彼らの携帯電話を使用して、金銭を送ることができる。

これまで、クレジットカード会社が考えたモバイル・マネーは、途上国や貧しいものが阻害される。
自分のお金を使って、手数料を取られるのはおかしいと考えない人には、関係のないサービスである。
私は昔から、騙されていると考えてきた。

2014-10-20---Globeは、GCashで非営利的な組織を支援する。
2014-10-14---Bitcoin appsは、フィリピンのモバイル・マネー市場と連結。
2014-08-01---Globeは、ビザとオプションを拡張。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。