on-the-time.jp

2014年10月30日

有名なメキシコのテオティワカンで、約50,000の遺物を発見!

超過去

BBC Newsは、メキシコの考古学者が、メキシコの古都テオティワカン(Teotihuacan)で、約50,000の遺物が発見されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

メキシコシティの50km(30マイル)北東へ位置した都市テオティワカンは、コロンブス以前にメキシコ中部を支配した。

見つかった遺物は、これらの人間の小像のような、宝石、種子、獣骨および陶磁器を含んでいる。

オブジェクトは、約1,800年前に密閉された神聖なトンネルの内部で見つかった。

このトンネルの入口は2003年に発見された。
また、考古学者が9年間小心に働いた後、その内容は明るみに出した。

研究者は、リモート・コントロールのロボットを使用して、泥と岩の山脈を掘り出し、このような動物形の容器などを見つけた。

加工品は、これらの貝のように、テオティワカンの3番めに大きなピラミッド羽毛のあるヘビの寺院()の約18m(60フィート)を下回りで発見されました。

トンネルの端に、考古学者は、さらに都市の支配層エリートの遺体がそこに埋められることを提案して、3部屋の直前に提供物を発見した。

古都は南北アメリカで最大のコロンブス以前の遺跡発掘現場である。
しかし、その住民が書面の記録を残さなかったので、その廃墟はミステリーに長く覆われた。

メキシコの古都テオティワカン(Teotihuacan)のGoogle Earthポインター情報
19°41'08.7"N 98°52'04.1"W
または、
19.685747, -98.867811

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト