on-the-time.jp

2014年10月25日

イランは、反対キャンペーンにもかかわらずReyhaneh Jabbariを絞首刑にした。

性とメディア犯罪と裁判宗教

BBC Newsは、イランは、執行猶予を促す国際的軍事行動にもかかわらず女性の絞首刑執行を進めた。

26歳のレヤナー・ジャッバリ(Reyhaneh Jabbari)は土曜の朝にテヘラン刑務所で絞首刑にされたと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

レヤナー・ジャッバリは、スパイである元知能省労働者のモルテザ・アブダリ・サルバンディ(Morteza Abdolali Sarbandi)の殺人の罪で2007年に逮捕された。

人権擁護団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、彼女の絞首刑執行が「とても極端で失望的だった。」と言った。

絞首刑執行に停止を要求するキャンペーンは、先月、FacebookとTwitter上で始められ、絞首刑執行で、一時的停滞をもたらしたように見えた。

しかし、政府通信社タスニム(Tasnim)は、彼女の親類が執行猶予のための遺族からの同意を獲得することに失敗した後、レヤナー・ジャッバリが執行されたと土曜日に言った。

それは、自衛の彼女のクレームが法廷で証明されていなかったと言った。

今、滞在のためのキャンペーンにセット・アップされたFacebookページは、単に、
「Rest in peace(平和に休止)」
「True intentions(真実の意図)」
ジャッバリの母親ショーレ・パクラバン(Shole Pakravan)は娘の体を見るために墓地へ行ったと言って、BBCのペルシア語とのインタビューで執行を確認した。

ショーレ・パクラバンは、金曜日に1時間彼女の娘に会うことを認められた。

彼女の逮捕の後に、ジャッバリは2カ月間独房監禁に置かれた。
伝えられるところによれば、そこで、彼女は弁護士または彼女の家族に面会しなかった。

彼女に2009年にテヘランの刑事裁判所によって死刑が宣告された。

アムネスティ・インターナショナルは、彼女が深く欠陥のある調査の後に有罪と判決されたと言った。

アムネスティ中東および北アフリカ・プログラムのための代理監督ハッシバ・ハジ/サーラオウイ(Hassiba Hadj Sahraoui)は、「これはイランの人間の権利記録についた別の血の汚れです。」
「悲惨に、この事件は全く珍しくありません。もう一度、イランは、裁判の公平に対する重大な懸念にもかかわらず、死刑を適用することを主張しました。」と言った。

一旦後で、彼女がそれを主張したなら、モルテザ・アブダリ・サルバンディを突き刺したことを認められたジャッバリは、実際に彼を殺した家の誰か他の人でしたと、恩赦はそう言った。

犠牲者の長男ジャラル・サルバンディ(Jalal Sarbandi)は、ジャッバリがその人を識別することを拒絶したと言った。

彼は4月にイランのメディアに、
「彼女の真実の意図が露出され、彼女が共犯者、および実際に行ったもののことを真実に伝えたなら、私たちは、慈悲を与える覚悟をするだろう。」と言った。
国連は、イランが今年約250人を処刑したと言った。

Global executions for 2013

China: 1,000+
Iran: 369+
Iraq: 169+
Saudi Arabia: 79+
United States: 39
Somalia: 34+
Sudan: 21+
Yemen: 13+
Japan: 8
Others: 42+ (in 12 countries)
Source: Amnesty International

Rise in number of global executions

2012-03-22---パキスタンで、900人以上の女性が合法名誉殺人で殺された!
2012-03-28---アフガニスタンでは、強姦された女性も犯罪者!?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。