2014-10-14

マウスでの研究は、イブプロフェンが古い肺を若く見せるかもしれないことを示した。

美容と医学の科学

FOX Newsは、LiveScienceからの情報として、老化は、私たちを伝染病から気分が悪くなるのにより敏感にする、人間の免疫系の変化に関係していると報告した。

最近の仕事、私の研究所で調査研究を形成する、共通の店頭取り引きの薬物治療イブプロフェン(ibuprofen)が私たちの免疫系で見られる正常な老化のうちのいくらかを逆行することができることを示唆した。

イブプロフェンは、NSAID(nonsteroidal anti-inflammatory drugs/非ステロイド系抗炎症薬)と呼ばれる薬剤のクラスに属する。

これらの薬は、苦痛、熱および炎症を緩和するのに穏やかなことで、管理に一般に使用される。

年を取ったハツカネズミを使用して、オハイオ州立大学ベクスナー・メディカル・センター(The Ohio State University Wexner Medical Center)で私のチームによって行なわれた研究は、肺が年齢でもっとかき立てられるようになることを示した。

肺から分離された細胞は、肺自体の内の炎症性支持のタンパク質の増加と同様に炎症性支持の道のためのより多くの遺伝子発現をしていた。

私たちは、イブプロフェンで補われた食事を年を取ったハツカネズミに与えて、この単純な変更が肺炎症を低下させるかもしれないことを知った。

年を取ったハツカネズミからの細胞の炎症性タンパク質(The inflammatory proteins9は、若いハツカネズミ中のレベルに似ていた。

本質的に、イブプロフェンは年を取ったハツカネズミの肺に若く見せました。

高齢者がインフルエンザおよびTB(tuberculosis/結核)のような多くの肺感染症(私の研究グループが研究する感染症)に、より弱いように、私たちは肺に注目しました。

私たちは、TBにさらされた時年を取ったハツカネズミが若いハツカネズミと同様に伝染もコントロールすることができないことを以前に示しました。

私たちの研究は、老人肺の中で炎症のまれな調査を表わした。

変更、私たちはイブプロフェン治療の後の肺で、私たちが老年の炎症性の肺環境を逆にすることができる場合、私たちが伝染の発生率を縮小することができるかもしれないこと、また伝染に関連する病気、初老のの中で見たことを示す。

私たちの研究は年を取ったハツカネズミの肺からの培養細胞を見まが、私たちは私たちが高齢者からの肺液に同じ炎症性の署名を見つけるので、これが初老の人間の肺を表わすかもしれないと考えている。

したがって、私たちは、詳細調査が保証されると信じている。

私の研究所は、イブプロフェンが変わることができるかどうか現在テストしている。年を取ったハツカネズミはどのようにTB伝染をコントロールするか。

仕事のこのラインはTBを持った高齢者のための補助療法としていつかイブプロフェンの使用を支援するかもしれないが、私は肺炎症を縮小するために人々が薬を使用し始めるように私の同僚と私が勧めていないことを強調したい。

炎症は、細いことのようなより自然な方法で、美食および運動で縮小することができる。例えば、老年へ本質的に健康なライフスタイルを維持することでできる。